☆ ツノガエルのオタマジャクシ飼育 ☆

◇ カエルになるまで・・・ ◇

ペパーミントツノガエルオタマジャクシを育てました。
カエルに変態するまでの成長過程をご覧下さい。

おたま情報
・クランウェルツノガエルの変異種。ペパーミントツノガエルのおたま
・2010年11月22日生まれ!
Herptile Farm NUANCEさんのブリード個体
・2010年12月4日 我が家へ到着
・到着時サイズなど
  おたま部分のサイズは2.5pぐらい
  ちっちゃな足が生えている
  全身 茶色


飼育方法はHerptile Farm NUANCEさんと生物堂さんを参考にしています。
その他、様々なブログの情報も取り入れておりますが、私が勝手に試みている方法等もあります。
当然、この方法を真似てトラブルが有っても私は何ら責任を負いませんので、自己責任でお願い致します。
とか言いながら、「オタマジャクシはめちゃめちゃ丈夫」っとどのページでも言われております。 ツノガエルが好きな方の一歩踏み込んだ飼育としてオススメできると思います。皆さん一緒に楽しみましょうね。

★生後13日目★
2010年12月 4日(土曜日)

ペパーミントツノガエル 待望のオタマジャクシが到着しました。
今はペパーミント?って色ですがその内徐々に色づいてくるのだと思います。
我が家に届いた個体は11月22日生まれの個体です。大きさはメモリを見てご判断下さいね。

ペパーミントツノガエル 私は最初ウ○コ?
っと思っていたのですが、次男が「足やん!先がビロビロなってるやん!」っと言うので、必殺の拡大鏡をかけてよ〜く見ると確かに足ですねぇ。
何ともちっちゃくて可愛い足が生えてます。
最初はこんなに頼りない足なんですねぇ(^_^)

ペパーミントツノガエル 色々なサイトを見ても下から写した画像は無い様に思ったので撮って見ました。
きん○まの位置にち〜ちゃい足が生えてます。
可愛いですねぇ。めちゃめちゃキュ〜ト!

ペパーミントツノガエル 飼育方法も少しだけ。
餌は冷凍赤虫のみでOKです。容器に冷凍赤虫をバラバラと撒いておけば勝手に突いて食べるみたいです。
っがそれでは、飼育者として面白みが有りませんのでピンセットに赤虫を摘んで近くでフリフリします。すると勢いよくパクッ!っと食い付きます。
結構な勢いで食い付いてくれますよ。この頃から流石はツノガエルって感じです。
冷凍赤虫オンリーで問題無く育つようですが、砂肝などを細かく刻んだモノもよく食べるようです。一度試してみます。

ペパーミントツノガエル 容器は大きなモノは必要無く一頭飼いならプラケースで十分なようです。
プラケースにはフィルターを入れる必要はなく、2.3日に一度換水すれば良いようです。余り頻回な換水は個体に負担がかかるようでやりすぎは禁物らしいです。
我が家では写真の様に百均のタッパーを使って飼育しています。プラケースは売るほど余っているのですが、我が家では保温のためにグッピー水槽に浮かせているので余り背の高いケースは入らないので薄いタッパーにしました。
水温は25℃前後が良いみたいです。

ネットで色々調べた感じでは簡単に飼育出来るみたいです。
餌をガンガン与えて、適度な水温で、適度に換水すれば、約1ヶ月後にはカエルになるようです。

★生後15日目★
2010年12月 6日(月曜日)

ペパーミントツノガエル 写真では目盛りの上に真っ直ぐに乗っていない関係で、前回アップ分との差が分かりにくいですが、確実におおきくなってます。
色々なHPで日々目に見えておおきく育つ!っと書いて有るとおり順調に育っております。

そして、ちょいと判りづらいですが、背中にクランウェル特有の模様(点が4つ)も判るようになってきました。っが色は相変わらず茶色のままです。

ペパーミントツノガエル 足は明らかに大きくなってるでしょ。
もっともっとビロ〜ンと大きく立派な足になるようで、毎日観察が楽しくって仕方が有りません。

現在の飼育状況ですが、餌は冷凍アカムシをいつでも食べられるように容器の中にバラバラと沈めています。
この撒いているアカムシを自分から食べている姿を見たことが有りませんので、喰っているか?は不明ですが、水替えの時にアカムシが減っている様な気はします。

そして、昨日より冷凍アカムシ以外の餌も与え始めました。
その餌は、レッドラムズホーンです。我が家の熱帯魚水槽には自然繁殖したこの貝がウジャウジャと入っております。
コレを利用しようと思い与えてみると食いつきの良いこと!
与え方は小指の爪位の大きさの貝をピンセットでバチンっと思いっきり挟みます。するとこの貝は殻が非常に柔らかいのでバラバラと砕けます。
っで、殻の無くなったこの貝を口元に持って行き与えています。
冷凍アカムシよりも大きいですし、栄養も有りそうなのでコレを中心に与えてみようと思っています。お玉のサイズアップに合わせて貝も大きなモノに変更できますし、お手軽ですし「ええ事思いついた!」っと悦に入っております(^_^)

水温は26℃程度になってます。
換水は毎日食べ残しのアカムシをスポイドで取り除き、減った分を足していますが、様子を見ながら全換水しても良い様に思っています。
今、一つ気になっていることがありまして、それは体表に綿が付いたようになっている事です。写真でもよ〜く見て頂くと背中の辺りにもやもやっとなっているのが判るかと思います。
これ、何でしょう?金魚とかだと綿かぶり病なのですが、お玉は水質の悪化程度では病気にならない!っと書いて有りますし・・・。
とにかく個体は元気です。それに思っていた以上にケースの中をウロウロと泳いでおります。もっと動かないのかと想像しておりました。



動画は捕食シーンですが、上手く撮れませんでした。
ピンセットでつまんだ貝をブラブラすると反応して向かってくるのですが、意外と食らいつくのが下手くそで、ピンセットにぶつかったり、そのままどっかへ去って行くことが良くあります。
そんな間抜けな感じも可愛かったりするのですけどね。

★生後17日目★
2010年12月 8日(水曜日)

ペパーミントツノガエル 順調に育っています。
今まで、しっぽを含めた大きさは気にしていなかったのですが、測ってみると大きいですねぇ。
約8pありました。体長が3p弱なので体長の2/3がしっぽの長さです。
このしっぽはカエルになると身体に吸収されて無くなってしまいます。
まだ暫く先の話になりますねぇ。

オタマジャクシ 足もしっかりと横に広がってカエルらしくなって来ましたよ。
もう、ウ○コと見間違えたりしませんよ(^_^)

ペパーミントツノガエル おたまの成長で本日一番のビックリ写真がこれです。
色が付いてきました。うっすらとですが緑色っぽいのが解りますか?
肉眼だと光の関係でもう少しハッキリと緑色に見えます。
それと矢印の所の「斑点」もハッキリしてきましたよ。
この4つの斑点はクランウェルの特徴です。ほんまに日々成長しとります。

本日の餌はラムズホーンをメインに冷凍赤虫をばらまいております。
ラムズホーンの大きさにもよりますが、一回の給餌で3−5個を食べます。その後お腹が大きくなったらいくら口元でブラブラしても全く無反応です。
数時間後にブラブラすると1.2個はバクッっと食い付きます。

オタマジャクシ 保温は写真の様にグッピー水槽の中に湯煎の状態で入っています。
写真では映っていませんがケースがドンブラコっとならない様に大きめの洗濯ばさみで水槽に個体しています。
水温は26℃です。だいたいこんな感じです。
そして、水替えの様の水は500mlのペットボトルに水を入れたモノを同じように水槽にぶち込んでいます。
全換水するなら500mlでは少ないのですが、今の所1/2換水で問題無くいけてます。

★生後19日目★
2010年12月10日(金曜日)

ペパーミントツノガエル 朝、レッドラムズホーンのカラを潰して中身だけにしたモノを4つぐらい与えます。
その後、こんな感じで冷凍赤虫をたくさんばらまいて仕事に出かけます。
夜、帰ってくると半分ぐらいは赤虫がそのまま残っているかな?って感じです。
当然夜は夜でラムズホーンをちょいちょい与えます。とにかくもう食べなくなるまで与えてます。

おたまじゃくし その甲斐が有ってかこんなに緑緑になりました。
もうめちゃめちゃペパーミントツノガエルでしょ。
誰がなんと言おうとペパーミントでしょ。
たったの二日しか経っていないのにこんなに激変です。目が離せません!

ペパーミントツノガエル 横から見たらこ〜〜んなにお腹でっぷりです(^_^)
すっかりツノガエルのオタマジャクシでしょ。
オタマジャクシって言うよりも、ツノガエルの手の無いバージョンです(^_^)
もう可愛くって仕方が無いです。ほんまにパンパンでつるつるで、とにかく可愛いです。

おたまじゃくし ツノガエルは両生類なので肺呼吸なのですが、オタマジャクシはエラ呼吸です。
って事でエラに注目してみましょう。
っと言いましても穴が空いているだけです。ウーパールーパーの様にモシャモシャが付いていればいかにもなのですけどねぇ。
ただ穴があいているだけではちょっとインパクトに欠けますねぇ。

★生後20日目★
2010年12月11日(土曜日)

とうとう、おたま時代も終了です( ;∀;)
もっともっと長いことおたまを飼育したかっただけにめちゃ残念です。
写真をいっぱいアップしましたので、見て下さいね。ポイントは当然です。
ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル ペパーミントツノガエル







今朝、いつもの様に餌を与えたのですが喰いがめちゃ悪かったんです。
まさか、こんなに早く手が出てくるとは思っていませんでしたので、お腹が大きいのかな?くらいに思っていたのです。
それでも、赤虫を少々とラムズホーンを2個ぐらい食べました。
今思うと既に手が出る準備をしていたのでしょうねぇ。

っで、夕方見ると左手が生えてました(⌒▽⌒;) オッドロキー
そして、よ〜〜く見ると。ちょびっとだけ右手も出ておりました。
「おおぉー手が出てきた−。」っと騒いで次男などを呼んでいる内に・・・。
右手がしっかりと出ておりました・・・。
まだ、くちばしは付いてますよ。

ペパーミントツノガエル 両手が出るともう直ぐに上陸するらしいので、カエルの扱いをするらしいです。そして餌もほとんど食べなくなるとのことです。
っで、手をいっぱい撮影した時にふっと思ったのが「エラはどうなった?」って事です。
エラの有る場所!すなわち穴の開いていたその場所から手が出てきたのかな?っと思って見たのですが、おたまが動くので良く解りません。
結局良く解らないままなのですが、この写真を後から見てみると、手の後ろ(脇の下にあたる部分)に穴が開いているように見えます。多分まだエラ呼吸なんでしょうねぇ。

ペパーミントツノガエル しかし、明日には上陸するでしょうからケースをプラケに変えて陸地を作りました。
陸地はメッシュの袋にウールマットを中に丸めて入れただけです。
明日にはおたまがカエルになっていて、小さなしっぽを付けたまま陸地に上がっている事でしょう。



泳ぐ動画はこれが最後かも知れませんね。

★生後21日目★
2010年12月12日(日曜日)

ペパーミントツノガエル 速攻で上陸するかと思っていたのですが、まだみたいです。
くちばしもまだ付いてます。
この時期は餌はほとんど食べないと言われていますので与えてません。一応、朝ラムズホーンを与えようとしたのですが食べませんでした。
何度もケースを覗いているのですが、右手を陸地にかけたままぼや〜としていることが多いです。
明日には、いや夜には上陸するのかな?

★生後22日目★
2010年12月13日(月曜日)

ペパーミントツノガエル まだ、上陸しておりません。っが写真の様にかなりしっぽが小さくなってきております。
細胞の自己崩壊、アポトーシスと言います。
もうちょっとで完全にカエルでしょ。明日にはもっとしっぽが小さくなっているのだと思います。

ペパーミントツノガエル そして、顔が変わりました。おたま特有のくちばしが無くなっております。
顔だけ見たら完全にカエルです。

ペパーミントツノガエル 取れて落ちているであろう、くちばしを探しました。
すると、ウ○コに混じってこんなのを発見しました。
多分これがくちばしです。大きいのが上で小さいのが下の口に付いていたのだろうと思っています。
真っ黒けで結構堅かったです。
明日はいよいよ上陸でしょうねぇ。

★生後23日目★
2010年12月14日(火曜日)

ペパーミントツノガエル もうちょっとで、しっぽが無くなりますねぇ。
っで、なかなか上陸しないなぁ〜。 っと思っていたのですが既に水も浅い(身体の半分ぐらいの水深)ですしわざわざ上陸する必要が無いのかも知れませんねぇ。
既に通常時にツノガエルを水のみで飼うときの水深です(^_^)
でも、私としては陸地を作っているのですから登って欲しいですねぇ。

★生後24日目★
2010年12月15日(水曜日)

ペパーミントツノガエル やっと上陸してくれました!
ワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ
結構陸地が高かったのですが、登ってました。
他の方のHPで「結構な高さでも何時のまにか登っている!どうやって登ったのだろうか?」っと書いてありましたが納得です。

ペパーミントツノガエル とは言うモノの、先日写真を撮るときに小ガエルを移動したのですが、その時のジャンプ力は確かに凄かったです。
親ガエルからは想像ができないジャンプ力でした。トノサマガエルと言っても過言では有りませんでした。
野生では地形が様々ですから結構高い段差でもジャンプして上陸できるように、おたまから上陸したばかりの時は足がしっかりとしていてジャンプ力が充分に有るようになっているのかな?
この先、餌を食べるようになると急激にオデブちゃんになって、とてもジャンプと言えるモノでは無くなります。

先ほど初期給餌(小さなグッピー)を試みたのですが、全く反応無しで食べませんでした。明日は餌を食べるようになるのかな?

★生後26日目★
2010年12月17日(金曜日)

ペパーミントツノガエル もう完全にツノガエルです。
我が家へ来たときは茶色だったオタマジャクシが、綺麗なペパーミントツノガエルに育ちました。
緑色が綺麗です。これから先成長に合わせて少しだけ色合いが変わるかも知れませんっが、綺麗なカエルになりましたV(^_^)V

ペパーミントツノガエル しっぽもこ〜〜〜んなに短くなりました。
ほとんど有りませんが、しっぽの痕跡はまだある感じでしょ(^_^)
しっぽの先もクチュクチュってなんてるような、内向きに無くなって行っているような・・・。何とも不思議で可愛い感じです。
明日にはこの申し訳程度のしっぽも無くなるかもね。



そんな、ツノガエルに初めての給餌を行いました。
最初からパックマンディナーでも食べるかも知れませんが、一応儀式の様なモノなので初は魚にしました(^_^)
メダカが一般的ですが、我が家にはグッピーがいるのでグッピーの小さい雌を与えました。
結構な反応を見せてくれたのですが食べにくかったようで、食い付くまでには少々の時間を要しました。
とは言うモノの初給餌も無事に成功しましたので明日から食べるだけ与えて、ガンガン大きくしたいと思います。

★生後30日目★
2010年12月21日(火曜日)

ペパーミントツノガエル 特に変化は感じません。しっぽもこれ以上はひっこまないかな?って感じでツノガエルです(^_^)
餌は先日パックマンディナー(ツノガエル用の練り餌)を与えました。すぐに食い付くって感じでもなかったですがパチンコ玉ぐらいのヤツを一個食べました。
それから、まだ一度もウ○コはしていません。しっぽが無くなっていく間餌を与えてないので空腹でものすごく吸収しただけかも知れませんがウ○コをしてくれないと不安です。

餌→ウ○コ→餌→ウ○コ・・・。ってのがツノガエル餌やりのパターンですが、仔ガエルの時期はそれでは餌が足りなくてウ○コをしないのかも知れません。
仔ガエルで買ったベルツノも食べる量より明らかにウ○コの量が少ないです。かなりの吸収率で吸収して大きく育っているようです。
って事で、ウ○コがでなくても食べるなら餌を与えようと思います。(とは言う物の結構食べないのですよねぇ。)