穂竜を愉しむ!

当ウェブサイトは、「穂竜」のファンサイトで、穂竜(ほりゅう)の飼育記録がメインです。
穂竜はどちらかというとマイナー種の錦魚なので、ご存じ無い方もおられるかも知れません。当WSで穂竜を知られた方が、「穂竜って良いなぁ〜!飼育したい!」なんて思って頂ければ幸いです。

累計 番目の訪問者様です(^_-)-☆

昨日の訪問者数人様
本日の訪問者数人様

★2021年 5月 8日 日誌を更新。
★2021年 5月 1日 日誌を更新。
★2021年 4月29日 日誌を更新。
★2021年 4月24日 日誌を更新。
★2021年 4月17日 日誌を更新。
★2021年 4月11日 日誌を更新。



★★★2021年穂竜愛好会 行事予定★★★

◆ 弐歳会 中止

◆ 研究会  7月18日(日曜日)

◆ 全国品評大会 10月16日(土曜日) 「17日慰労会」

※ COVID19 の状況次第で予定は変更に成ります。
 詳細は穂竜愛好会WSで確認して下さい。

当WSは穂竜ネタがメインですから、穂竜愛好会についての問い合わせを良く頂きます。そこで、簡単ですが穂竜愛好会について紹介させて頂きます。
穂竜の作出者である榊名誉会長が運営されている、穂竜愛好会を見て頂ければ大抵のことは解かっていただけると思いますが、私が勝手に「穂竜愛好会入会の手引き」なるものを作りましたので、愛好会に入ろうかな?でもちょっと怖いかな?って方に読んで頂けると、背中を押す内容になっております(*^^)v

入会金、年会費については、会則「第一章 総則」の中に書いて有りますが、入会金1000円、
年会費2000円
です。

入会希望の方は穂竜愛好会事務局宛に入会希望のメールを出して下さい。穂竜愛好会事務局のメールアドレス(horyuaikoukai●gmail.com)に、御名前、御住所、御連絡先をお知らせください。●を半角アットマークに変更ください。(返事は2,3日かかることもあります。)

私は2009年に入会し、以降「穂竜」の魅力にすっかり魅了されてしまい、育成、品評大会への参加など「穂竜」中心の生活になっています。
穂竜愛好会は、会員間の交流も活発でアットホームな雰囲気です。金魚初心者の方も、すでにドップリの方も両者に楽しんで頂けると思います。是非皆さんも一緒に品評大会などで楽しく穂竜しましょう。(^_^)
入会お待ちしております。

愛好会より年会費徴収のお知らせを個別に郵便物・メール等で促すことは致しません。
なるべく早期の入金をお願いいたします。


★お支払方法は、銀行振込です。口座番号が分からない会員様は、愛好会事務局のS女子さんへ問い合わせてください。

▲▲▲会費を納めて頂きました会員様への会報の発送作業は、毎月15日、月末に行っております。▲▲▲

◇ 穂竜の色々 ◇
2021年 5月 8日(土曜日)

 GW期間中は、ステイホームってな事だったので、特に何もせず、どこにも行かず!自宅で穂竜の世話をし、爬虫類、両生類、はたまたワラダンの世話を必要以上にする日々を過ごしておりました。
 そんな感じだったので、三歳を産卵させてみよう。っとか思い立ち、保険水槽でゆっくり過ごしていた三歳を産卵組水槽へ移動させあれやこれやと餌と刺激を与える毎日!その甲斐あってか、6日に本命二歳魚が産卵してくれ、7日に三歳が産卵してくれました。ってな訳で、前回立ち上がりが悪かった針子を全て流しました(;^ω^) (今年はこのパターンが多いです)

 三歳魚は急遽産卵に参戦させられ迷惑気分だったので卵数は少ないです(;^ω^) とは言え三歳ですから、それなりの数は出たように思います。さらに(二歳に比べると)粒が大きいので、それなりに敷巣を埋めてくれましたので、上手く立ち上がって欲しいです。万一、立ち上がりが悪い時は潔く流す予定です。もう今年の産卵は完全終了です。


 汚い水槽の写真は、換水前の稚魚水槽の様子です。
 いくら時間を持て余していても、毎日全換水する必要を感じませんので、ちょこちょこ換水をしていると、週末にはこんな感じに成っています。


 4/1に孵化した穂竜稚魚の様子です。
 基本スタイルは週一の全換水です。換水作業はまーまー適当で、写真の様に50センチの洗面器に新水をはり、水温は(飼育水の)プラスマイナス2度ぐらい、網で掬って稚魚をザックリぶち込みます。我が家は浄水器を使っていますので、カルキ抜きは使いません。後は強めのエアレーションをするだけ。
 ぶち込んだ後は、水槽をゴシゴシ洗って、これまた浄水器を通した水をプラスマイナス2度ぐらいにセットします。ほとんど稼働していませんが、20度設定のヒーターを設置しています。

 ホンでもって、なんとなく水槽内の水がこなれるまで待ちたいので、この間を利用してプチ選別!今日は30匹ぐらいをハネたかな?そして残したのをドボンっとぶち込んで終了。
 ってことなので、短期間に二度も新しい水に換わります。気持ちとしては、ここでスッキリ糞を出して、水槽に戻ってからシコタマ餌を喰ってくれ。っと思っています(^_-)-☆


 最後の二枚が換水後の写真です。 っが、これだけブラインをぶち込めばオレンジの点々が舞ってしまって、中の稚魚はざっくりと確認することしか出来ません(;^ω^)

 本日までは、ブラインのみで飼育出来てしまっていたのですが、流石にもう無理だと判断し、本日フードタイマーをセットしました。初回の粉餌はキョーリンさんの「ひかりプランクトン後期」です。これとブラインとの合わせ技でこの先暫くは飼育予定です。水槽に戻してから思ったのですが、1/3位ハネないと数が多いですねぇ(;^ω^)

◇ 選別しました ◇
2021年 5月 1日(土曜日)


 4/1に孵化した穂竜稚魚の選別をしました。
 この稚魚たちは一回目で思い切った選別をし、大幅に数を減らしましたので、当分選別する必要が無いと余裕をぶっこいていたのですが、GWだと言うのに緊急事態宣言でどこにも行けませんから、選別することにしました。数が少ない分早く大きく成っているのも事実ですが、どこかに遊びに行けたらしていない選別です。

 今回は、スボ尾と普通鱗っぽい個体を中心にハネました。
 普通鱗っぽい個体は尾が良くてもハネますが、今回はあまり居なかったです。多くがスボ尾の個体で、結果的に1/3位の数をハネました。
 ハネた個体は弱肉食魚水槽で熱帯魚の餌に成りました。(残ったモノはスタッフ一同で美味しく頂きました。的な感じです(*´ω`*)


 フォルメンテーラカベカナヘビの卵です。
 今回の産卵では四個産みましたが、うち二個が凹んでいました。その卵はダメだろうと思っていましたが、案の定「カビ」てしまってダメでした(T_T)/~~~(写真左の卵がダメ卵です)
 めちゃ残念です。残りの二個が無事に孵化することを祈っています。そして今シーズン既に三回の産卵をしてくれているメス個体ですが、孵化しそうな卵は四個しか有りませんから、出来たらもう一回だけ頑張って産卵して欲しいと思って、せっせと餌を入れています。
 オスはめちゃ発情モードでメスを追いかけ回っていますが、メスがめちゃめちゃ迷惑そうで本気で怒っています!前回までは「イヤよイヤよも好きのうち!」ってな印象だったのですが、今回は激怒です。それでも懲りずにアタックするオスの姿を見て学ぶべきことが多いと感じる今日この頃です。

 とにかく、見ていて飽きることなく楽しめるカベカナヘビは、ステイホームのお供に最適ですよ(^_-)-☆
 今年はもうひと種類欲しい!っと企んでおり、毎日妻を説得している私です。(私の小遣いでは、とーてー無理ですけどねぇ(;^ω^)

◇ 孵化中 ◇
2021年 4月29日(木曜日)


 今朝も本命メスが卵をこぼしました。おっ!っと思いついつい絞りそうに成りましたが、「もうキャパシティーオーバー!」っと自分に言い聞かせて絞って流しました。今居る稚魚が良い稚魚だとは限りませんので、再度採るかも知れませんが、今はまだ必要有りませんので、無駄にスペースを広げることは致しません。その気になればこの先、三歳からも採れます、自制する心は大事ですしねぇ(^_-)-☆

 4/24日に採卵した穂竜の卵から孵化が始まりました。
 正確には昨日から孵化が始まっていますが、本日もじゃんじゃん孵化中です。後は立ち上がりが良好な事を祈るだけですねぇ。

 大きい方は4/1に孵化した穂竜稚魚です。ほぼひと月経ちますので、まーまーサイズには育っています。
 現在は、ブラインのみで飼育しています。換水後などは食い尽くさんばかりの勢いに成って来ていますので、ブラインの湧かす量を増やしながら調整しています。もうしばらくはこのままブラインをたっぷり与える飼育を続けます。


 フォルメンテーラカベカナヘビが三度目の産卵をしてくれました\(◎o◎)/!
 一度目の産卵は失敗卵でしたので、全滅。二回目の産卵は三個の卵を産みましたが、一つダメ卵で現在二個をキープ中。そして今回は四個を産んでくれました。っが、二つは凹んでいますので多分ダメ卵だと思います。って事で、予想通りに成れば四個の卵がハッチアウトするはずです。
 ってもまだ先の話でして、最初の卵でも後ひと月以上かかると思っています。

 最初の卵(二回目の分)と、今回の分のサイズを比べると倍ぐらい違います。
 ひと月でこれだけ膨らむんですねぇ(^_-)-☆ ハッチアウト直前にはもっと大きく成るんですかねぇ。楽しみしか有りません。

◇ 採卵しました ◇
2021年 4月24日(土曜日)


 「今週末にもう一腹!」っと狙っていた穂竜の産卵ですが、今朝一腹採れました(^_-)-☆
 本日産んだメスは今年三回目?の産卵だったので、数は少し少な目ですが、それでも十分な量を産んでくれました。オスも良い感じの精子を出してくれたので、上手く受精してくれていると思います。
 この腹が良い感じに孵化して、良い立ち上がりを見せてくれたら今年の採卵は終了予定です。とは言え、明日にも産みそうなので、産んだら採るつもりです。


 4/1に孵化した稚魚です。
 先週にガッツリ選別して数を大幅に減らしましたので、現在これだけの数しか居ません。
 一回目の選別をしたとはいえ、すぐにでもハネてしまいたい稚魚がチラホラいますが、なんせこの数ですから、このメンバーのまま暫く育てます。
 この時期に、ここまで数が少ないことはあまり無かったのですが、これだけの数だと水の汚れも緩やかですし、ブラインも食い尽くされることなくずっと居ます!(^^)! 朝入れたのが、帰宅後に確認すると泳いでいますし、夜に入れたのも朝まで泳いでいます。 よって、ずーーーーっと活きたブラインが食べられる環境なので、稚魚の育成にはもってこいですねぇ。

 そうそう、今年は例年と違う事をしています。何時もは孵化した直後から入れているスポンジフィルターを入れていません。理由は洗うのが面倒臭いからです。
 毎回丁寧に洗ってもどぉ〜〜せすぐに詰まりますので、意味ないなぁ〜!っと思って今年は止めてみました。
 今のところ特に悪影響を感じませんから、このまま暫くフィルター無しで様子を見ます。その分毎日大きなスポイトで汚れを取り除いて居ますから、物理濾過は出来ています。

 またまた、緊急事態宣言が出てステイホームに成りそうですから、GW期間も稚魚の飼育に力を入れる以外にすることがなさそうです(;^ω^)
 早く平常生活に戻りたいですねぇ。

◇ 選別しました ◇
2021年 4月17日(土曜日)


 4/1に孵化した穂竜の稚魚たちが選別可能なサイズに成りましたので、一回目の選別を行いました。
 今回はたくさんの稚魚が孵化したので、日々の換水時に泳げない稚魚をスポイトで淘汰して居ましたが、それでもかなりの数が居ますので、今回は良い個体のみを抜く方法で選別しようと思います。

 久しぶりの選別だったので感覚が戻るまでに結構時間がかかりました。
 ってな感じで時間をかけて選別していたので、後半は私の体が冷えて来て早く部屋に戻りたくなりましたので、後半はスピードアップでガッツリとハネてやりました。


 結局、約二時間かかってしまいました。目も腰も疲れ果てました(+o+)
 っで、ガッツリやり過ぎて一回目の選別にも関わらずたったこれだけに成ってしまいました。1/20位の数に成ったように思います。
 水槽はスッカスカですから、めちゃ成長するでしょうねぇ。果たして良い個体は残っているのでしょうか?っとめちゃ不安しか有りません。
 ハネた稚魚は弱肉食魚水槽にほりこんで、全て食わせました。アッと言う間に食されました。

 ってな訳で、稚魚が居なく成りましたので、来週にはもう一腹採卵したいところです。

◇ 稚魚の尾開いてきました ◇
2021年 4月11日(日曜日)


 4/1に孵化した穂竜の稚魚も一週間を過ぎましたので、尾が開いて見えるようになりました。
 現状まだ一度も(本気の)選別をしておりませんが、日々の餌やりや換水の時には泳げない稚魚をスポイトで吸ったりして淘汰しています。
 これでかなり底面の稚魚が居なくなり、数も減りましたが、それでも写真の様にまだまだ多いですねぇ(;^ω^)

 予定では、来週末に本気の選別をしようと思っていますので、それまでにもう少し淘汰して、一時間!長くても二時間以内に選別が終わる数に調整したいところです。
 数的目標は3000匹ってところでしょうか(^_-)-☆

 本日も大潮でしたねぇ。我が家では本命のメスが卵をこぼしました。っと思って喜び勇んで絞ったのですが、オスが(+o+) ダメダメで、固い精子しか出さん。そして少ない。
 ってな事に成っちゃいました。本命メスですから一応は置いていますが、発眼するのでしょうか?めちゃ不安です。
 明日明後日も絞る気持ちは持っていますが、オスが復活しますかねぇ?


 フォルメンテーラカベカナヘビです。
 発情期ですから、色も上がって来てめちゃ綺麗です(*´ω`*) そして、まだまだやりたい盛りの様で執拗にメスを追いかけて交尾を迫っています。
 メスもチト面倒臭そうでは有るんですが、始まってしまうとまんざらでも無い雰囲気で受け入れています(*'ω'*)
 そんなやり取りを50過ぎたオッサンがそんな目でガン見しています。自分でもチト変態チックだとは思いますが、見たいものは見たいんです。
 後一回、欲を言って二回産卵して欲しいと切望している私です。

◇ 換水しました。 ◇
2021年 4月 7日(水曜日)


 4/1に孵化した穂竜の稚魚水槽の全換水を、昨日行いました。
 写真の様に緑っぽく成ってコケが生えていますし、底面もチト汚かったので、「土曜日までは待てないなぁ〜」っとの判断です。
 ここ数年は、採卵から最初の換水までのパターンが決まっています。何度か書いている事ですが、採卵して、二日後にカビ防止のメチレンブルー入れて、三日後の発眼を確認したら全換水。五日目に孵化が始まりますので、六日目に敷巣を出す。そして孵化して一週間前後の週末に最初の全換水。 ってのが、パターンです。っが、今回はチト早めの全換水と成りました。理由は簡単で、稚魚が多い。って事ですねぇ(;^ω^)
 そんな理由ですから換水時に少し稚魚を減らしました。そんな場合の換水は、底に横たわっている稚魚を極力掬わないようにして「そっ」と掬い。残りの稚魚はそのまま流しました。

 その時点で多少減ったのですが、それでも十分に多いので、朝晩のブライン給餌の前に底面のゴミと一緒に泳げない稚魚をスポイトで吸い出しています。
 それでもまだ多いですけどねぇ。


 ブライン給餌後は、写真の様にオレンジ色に色づいて良い感じですねぇ。
 エアレーションの水流で稚魚が蚊柱の様に成っているのを見ると、順調(^_-)-☆ っと感じています。
 選別は、来週末ですかねぇ。

 今週末にもう一腹採卵予定です。思っているメスが上手く出してくれると、今年の採卵は終了です。
 この時期は週末の度に愉しいですねぇ。

◇ 孵化しています ◇
2021年 4月 4日(日曜日)

 先週の土曜日に採卵した穂竜の卵からちょうど五日で孵化(ベランダ飼育ですからヒーターで20度管理しています)が始まり、まーまーの数が孵化しています。
 しかし、ダメ稚魚も多く既に底面の泳げない稚魚をスポイトで吸い出してプチ選別を開始しています。

 今年は昨年同様にブラインを湧かす時の塩に、人工海水の元を使用しています。
 これは、昨年部屋の片づけをした時に以前海水魚飼育をしていた時の残りの塩が出てきたからなのですが、めちゃめちゃ孵化率が良いです。例年同じ感じでブラインを湧かして居ますが、人工海水の元を使用すると明らかに孵化率が違います。
 以前、内匠会長から海水で沸かすとめちゃめちゃ湧きが良いとは聞いて居ましたが、(人工海水の元でも)実感できています。 元々塩分濃度とか測ったりしませんから、何が違うのかは不明ですが、濾している時にオレンジ一色で気持ちいいのは間違い有りません。海水の元が有る限りは使いますが、無くなった時に購入してまで使うか?っは、塩にしてはまーまーお高い(普段は業務スーパーの60円ぐらいの塩使っていますので)ですし決めかねています。


 フォルメンテーラカベカナヘビが二度目の産卵をしてくれました。
 一度目の卵は未受精卵だったようで、数日でカビてしぼんでしまいました。しかし、今回の卵は見るからに前回の卵とは違います。絶対に受精卵だと思います。見た目が、卵の張りが全然違います。
 産んだのは、用意した産卵床(ヤシ殻を加湿したもの)なので、ほじくり出してバーミキュライトに入れ替えています。順調に行けば50日前後でハッチアウトしてくるはずですから、めちゃめちゃ楽しみです。欲を言えばもう一回産卵して三個の卵を産んでくれることを期待しています。

 最後の写真はイエアメガエル用に制作したパルダリウムケージです。
 今回二本目のパルダリウムケージなのですが、何度作っても楽しいですねぇ。置く場所が有ればもっともっと作って愉しみたいのですが、場所が無いので今回で終りですねぇ(+o+)
 私の趣味で狭い部屋を使いまくっていますので、これ以上は物理的にも色んな意味でも無理ですねぇ(+o+) とか言いながら、余ったコケをキープしているので、小さいモノなが置けるかな?っと悪い私が囁いています。

2006年1月1日 戌年開設。  2015年7月 タイトルを外虫魚図から変更。
※当ウェブサイトは穂竜愛好会公式サイトではありません!非公式の 「ファンサイト」 です。