寿恵廣会

寿恵廣会(スエヒロカイ)
寿恵廣会 ・寿恵廣錦
・舞子:6センチから12センチ未満
・扇魚:12センチ以上
コメント

寿恵廣会とは寿恵廣錦の愛好会です。
本会の目的は
「本会は英国のブリストル地方にて改良されたブリストル朱文金を、日本の風土や環境に於いてより日本的な金魚に育成するべく愛好者を持って構成し、会員相互の親睦と互助の精神を培い 寿恵廣錦に関する事項を研究し、金魚趣味の向上とその飼育研究並びに優秀魚作出を目指し、初心者への指導等も含め、寿恵廣錦の普及を目的とするものである。」
と有ります。<全文寿恵廣会会則 第二条引用>

寿恵廣錦に関する詳しい情報は会本部GREENさんHP内寿恵廣会をご覧下さい。

当方も寿恵廣錦を飼育し本会本部であるGREENさんに頻繁に足を運べる環境に有ることから2008年10月に入会しました。
寿恵廣錦に興味のある方は是非一度訪ねてみて下さいね。そして一緒に寿恵廣錦の飼育を楽しみませんか?
本会まだまだ発足したばかりで会員数も少ないのでジャンジャン募集中の様です。

今後このページでは参加した品評会・研究会・分譲会などの様子をまとめようと思います。

◆第一回 寿恵廣会 品評会◆

2008年11月 9日
寿恵廣会 日曜日だと言うのに朝早くに妻を起こし(起こしてもらい)、初めての品評会であり愛好会でもある寿恵廣会の品評会に(緊張しながら)行って参りました。
会場には自転車と電車を乗り継ぎ約1時間かかりました。大抵の人は自動車で会場入りされたと思うのですが自動車を持っていない私は当然電車です。
品評会に出品する舞子3尾を大きめのビニール袋に多めの水を入れてパッキングしたため、かなりの重量になり肩にかけた袋のヒモが肩に食い込みちょっと泣きそうでした。 おまけに駅から会場まではちょっと距離があり(重たいので長く感じました)道に迷っていないか、不安にもなりました。

寿恵廣会 そんなこんなで午前10:30予定通り会場入り出来ました。
到着時には既に10数名の会員の方がおられました。
会場には小さな水槽が(1枚目の写真の様に)綺麗に数十本が並べられてました。主役の舞子3尾も無事でしたので早速並べられた水槽に1尾ずつ放り込まれました。
<写真の個体は「扇魚の部」で優等になった寿恵廣錦です。写真は悪いですが素晴らしい個体でした。>

寿恵廣会 開会の11:00の頃には参加の方々(出品魚)もそろい、それぞれデジカメ片手に各水槽を眺めておられました。
一眼レフデジカメを使用しておられる方が数名おられたんですが、シャッタースピードがメチャ速に感じました。久しぶりに一眼レフデジカメがめちゃくちゃ欲しくなりました。
<扇魚の部で二等になった個体です。写真は悪いですがこれまたしっかり太った素晴らしい個体でした。>

寿恵廣会 初めての参加ということと、もともとシャイな私ですから、皆さんと楽しく談笑って事はなかったのですが、数名の方と飼育環境や飼育方法などお話しすることができて楽しかったです。
なにぶん、私の周りには金魚を飼育している仲間が一人もいませんので、この様な機会は貴重です。
昼食の弁当を食べた後、審査会が始まり一尾一尾に点数が付けられたようです。
会も後半に入ってちょっとだれて来た頃に審査結果の発表がありました。
「扇魚の部」から発表があり優等から5等までの5尾が選ばれました。どの魚も太くて尾が短く良い魚ばかりでした。 流石に入賞する個体はどれも既にブリストルでは無く、「寿恵廣錦」って感じで尾の切れ込みが浅く短尾でした。
<舞子・扇魚に分かれて審査されます。審査風景>

寿恵廣会 そして私の出品している「舞子の部」の発表になりました。
そしてめちゃビックリなのですが「優等」を頂いてしまいました。ワーイワイ!
私の出品魚は、他の舞子に比べても一回り小さかったので、めちゃビックリドンキーでした。

寿恵廣会 写真の個体が優等を頂いた個体です。
尾の短さが評価されたのだと思います。
良い個体を選んでくださったGREEN店長さんに感謝感謝です。

寿恵廣会 ほいでもってまさかまさかで二等も頂いてしまいました。
写真の個体がそうです。この個体も同じぐらい尾が短いのでそれが評価されたのだと思います。
そして、もう一尾も5等を頂きましたので、出品した三尾すべてが入賞いたしました。ほんとにうれしかったです。
単純な私は今まで以上にこの寿恵廣錦という金魚が好きになってしまいました。

閉会時に良個体の激安販売が有ったのですが、「万年金欠andこれ以上持って帰れない」のでのどから出ていた手を引っ込めました。
この超お買い得を断念した思いを帰宅後妻に伝えると「優等記念に買っても良かったのに!お小遣いあげたのに!」ですって。嘘か誠か知りませんが残念な思い満開です。

寿恵廣会 「舞子の部」優等ということで頂いた盾がこれです。頂いた時すぐにマジマジと見たかったのですが、ええおっさんがあまり喜びすぎるのも?と思い自粛!家に帰るまで我慢しました。(実はちょっとだけ電車の中で見てしまいました。そんな私が可愛いかったりしません?)
ガラスに入っていてめちゃカッコいいです。(子供の頃からあまりこういったもの頂いたことが無いので必要以上にうれしかったです。とりあえず子供に自慢しときました:笑)

寿恵廣会 それと寿恵廣会のロゴ入りTシャツも頂きました。
もちろん自分で着たい私ですが、大メタボな私に着られるはずも無く・・・。(MとLの2サイズしか有りません。是非3L作って下さい。)
いつも、私の留守中に文句も言わず給餌を担当してくれている妻へプレゼントしました。
「今度PTAに着ていくわ!」とそれなりに喜んでくれました。っがこのTシャツPTAに着て行くのはちょっと「どうか?」と思いますよ!

そんなこんなで、ドキドキわくわくの一日でした。
「金魚の愛好会」って事で、もっと年配の方が多いのかと想像していたのですが、私と同年代の方が多くおられたように感じました。
今後、回数を重ねるごとに会員数も増えていくでしょうし、もっと沢山の方々にお話を聞きたいですねぇ。そして同じ趣味の仲間が出来れば色々勉強にもなりますし、何より楽しいですよねぇ。そうなることを期待しています。
今回出品の3尾を来年には「扇魚の部」に無事出品出来るか既にちょっと不安です。いきなり過分な賞を頂いてしまったので、変なプレッシャーも感じています。(汗)

最後になりましたが参加された皆さんお疲れ様でした。そして会場の準備をして頂いた世話役の方々本当にお疲れ様でした。お陰様で楽しい日を過ごせました誠に有り難う御座いました。