2016年 第二回研究会
穂竜愛好会研究会 ・2016年 9月 4日(日曜日) 台風接近でしたが晴れ!
・参加者:約40人(来場者は60名以上)
・出陳魚数:穂竜約100匹、変わり竜約60匹
◆協賛社
  神畑養魚株式会社 様
  株式会社キョーリン 様
こちらでも研究会のレポートがご覧頂けます。
穂竜大好き 様

2016年 9月 4日(日曜日)

穂竜愛好会 第に回研究会が開催されました。

※当WSは穂竜愛好会ファンサイトです。会を代表した公式なものでは全くありません!当WS運営者inabouの個性・主観・間違いなどを多く含みます。その事をご了承ください。

大阪出発
 穂竜愛好会の守護神、気象を操る!いや雨を曇りに変更できる男として有名な「曇り男」を会場に届けるべく、三時過ぎに大阪を出発して大阪G長○○さんの車で連れて行って頂きました。途中コーチT氏と合流しました。話題は「台風来てるけど雨大丈夫かな?」っと本日の天気の事!私ら一般人の心配をよそに曇り男は、「大丈夫ですよ!」っとシレッっと言ってのけます。流石に今回はアカンのちゃいますか?

会場設営
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 穂竜愛好会本部に6時30分に到着し、いつものメンバーで一気に器材を積み込み、会場の赤穂城址の武家屋敷公園に出発!
会場の準備も多くの会員様が率先して手伝って下さるので、めちゃめちゃ早く完了(*^^)v 時間を競っている訳では有りませんが、過去最速で準備が終わりました。受付までの間に座って談笑しながら待つなんてことは初めてでした。皆様いつもお手伝い有難うございます。

受付・魚受付
穂竜愛好会研究会  今回は、台風の影響による雨が予想されていましたので、参加者が大幅に少ないだろうと半ばあきらめていたのですが、そんな天気予報もなんのその、蓋を開ければ大盛況でした。
何時も参加出陳して下さる会員様は勿論の事、今回初出陳の会員様や、穂竜に興味を持ち初めて覗きに来てくださり、そのまま入会して下さる方も居られて、いつも以上の賑わいを見せました。

 天候の方は「いつ降り出すか!」と何度も空を見上げていたのですが、一向に降りだす気配なし(*^^)v それどころか青空も覗いています。そして猛烈に蒸し暑い!(@_@;) デブの体力をじりじりと奪っていきます。流石、曇り男のパワーと感心しつつも、まだまだ油断は出来ません。
 今回も審査をさせていただくことが決まっていたので、「審査が終了するまでは雨よ降るな!」って気持ちでいっぱいでした。雨が降ると魚が見えませんから審査出来ませんしねぇ〜(*_*)

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 魚の受付も同時に行います。受付で出陳魚の種類(穂竜or変わり竜)、出陳数を用紙に書き番号札を受け取ります。穂竜愛好会では出陳匹数制限は有りますが、出陳料は必要有りません。(研究会は出陳魚の写真がいりませんので受付もスムーズです)
 番号札を受け取ったら出陳魚を指定の洗面器に入れます。一洗面器に一匹入れて、同時に受付でもらった番号札を裏向きに入れます。穂竜の洗面器を100面、変わり竜の洗面器を50面準備していたのですが、数が足りず慌てて準備をする嬉しい誤算も有りました。
 穂竜は出陳数が多いので、大之部と小之部の二部門に分けて審査をしますので、審査員がサイズによって半分に分けます。○センチ以上は大之部!っといった明確な方法では有りませんので、ちょうど中間サイズの個体も出てきます。よって、同じようなサイズの個体でも大、小と別れることに成りますが、どちらがどうってことは有りませんので、あまり気にしないで下さいね<(_ _)>

開会・会長挨拶
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 いつの間にか美しい浴衣姿に変身しておられたS女子さんの司会で、第二回研究会が始まりました。
浅葱色の浴衣の柄は、片岡鶴太郎氏による金魚だそうです。ブログで「浴衣で行きます」っと告知が有った時は「雨やのにマジで!」って感じだったんですが、実物は想像の1.2倍?雰囲気が有って良かったです。来年も浴衣OKですねぇ(^_-) 毎年同じのも着れないでしょうから、オフシーズンに頑張って金魚柄の浴衣を探しといて下さいね。っと無茶ブリしときます。私が着たらバカボンになりますから止めときますね。

 今年の会長の挨拶は、「曇り男の神通力で雨もどっかに行った!やるじゃん曇り男(^_-)」だったと思います。
この後、集合写真を撮影しました。私事ですが今回レンズを新調しましたので、集合写真をめちゃ離れて撮影する必要が無くなりました。広角レンズは良いなぁー(#^.^#)と一人笑顔のinabouです。

分譲会
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 今回も「こんなに!」ってぐらい分譲魚が準備されていました。
10月の全国品評大会では分譲は有りませんので、今回が今年最後の分譲会です。基本的に金魚店に並ぶことの無い穂竜・変わり竜ですから、今年の当歳魚を手に入れる機会は今回が最後だったかも知れませんねぇ。皆さんそれを知っておられるからか、凄い勢いで無く成って行きました。

 分譲方法は毎回同じでくじ引きです。番号の若い順から好きな洗面器を選んでもらいます。皆さん分譲会前に分譲魚の品定めができておられるようで、「あ〜取られた!」、「第二候補もあかんやん!」などいつもと変わらず大いに盛り上がりました。

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 めでたく目的の分譲魚をゲット出来た会員様の笑顔です(^O^)
分譲魚が多い場合は、二回目、三回目とくじ引きが行われます。多くの会員様が二回目まで参加されます。全国品評大会までまだ一月以上ありますからしっかり飼い込んで出陳して下さいね。また来年の種親用に考えておられる方は、既に掛け合わせを頭の中で想像しておられるのかな?どちらにしても楽しい時間ですねぇ。

審査
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 研究会の審査は同一洗面器で泳ぎを競わせる方法は取らず、個別洗面器で泳いでいる姿を見ての審査です。約60面ある洗面器を3-4名の審査員で審査台へ持って行き、良し悪しを決めるのです。その後順位の決まった個体から魚係によって陳列台へ運ばれていきます。
 今回私は変わり竜之部の審査をさせて頂きました。私は変わり竜は飼育しておりませんので、あまり目にする機会は有りません。尾一つとっても白いので尾芯が有るのか無いのか?見えん!尾の配色も白と黒が微妙すぎて尾が裂けているのか?ただそう見える柄なのか?よぉ〜く見ても見えませんので、触って確認です。とにかく細部の確認の難しさを痛感しました。
 それとサイズが全く違うのも難しいです。早採り個体とそうでない個体では数倍の差が有りますので、これを同一に見るのは難しいですし、デカ過ぎる個体は洗面器が小さすぎて泳ぎにくそうだったりしますので、泳ぎの判定も難しいです。だからと言って、二部門に分けるほどの数も居ませんし、大きな個体は大きな洗面器に入れる。ってのも運営上難しいですし・・・。まぁコーチT氏に言わせれば「お前が観る目を養え!」って事に成るんだと思います。

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 近い将来、洗面器の魚にスマホをかざせば何点!っと表示されるアプリ出ませんかねぇ。審査員が頭の中で考える採点要素をプログラムすれば、技術的には出来ない事は無いでしょうねぇ。ついでに魚評も・・・。まぁーそうなると面白くない部分や不具合が出てくると思いますから、仮にできたとしても採用はされないでしょうねぇ。
 でも、冗談抜きで、泳ぎの部分だけでも数値化してくれるアプリが出来れば面白いですよねぇ。尾の付け、尾捌き、ボディーの揺れなど泳ぎに影響する部分を総合的に判断してくれて、数値と共に五角形のグラフで視覚化してくれれば足りない部分が一目で分かりますし、人に説明する場合でも説得力が有りますよねぇ。カラオケ採点機で「歌の上手さ」を競う番組が流行っていますが、あれも「実際の聴かせる上手さ」とは違う訳ですが、分かり易くて面白いですからねぇ。同じように品評会での実用は無理でも、金魚好きの間ではやる事間違いなしだと思うのですが、誰か作って下さい。

昼食
 あまりの蒸し暑さに「雨が降らない事」への感謝の気持ちを忘れた頃(-_-;) お弁当が届きましたので、みんなでワイワイとお腹を満たしました。その後は各自順位の付いた魚の所へ行って、順位を確認します。この瞬間が一番盛り上がる時ですよねぇ。私は審査でクタクタだったので、時間の許す限り休息。しかし、上位魚の写真を撮影しなければなりませんので、めちゃめちゃ重い腰を上げてパシャパシャと・・・。この日は雨は降りませんでしたが台風の影響は健在でして、洗面器の水が風で波打つのなんのって南野陽子です! こんなに波が激しいと、思うような写真が撮れんとです。本来なら風がやむのを待つなり、傘などで防御するなり・・・。でも私もぅお疲れでして、クタクタでして、早く仕事を終わらせて座りたかったとです。なーのーでぇーついついそのまま波打つ洗面器の個体を撮影しました。今は元気ですから写真を整理しつつ罪の意識で胸が張り裂けそうですが、その時は私の中の小悪魔が「行っちゃえ!そのまま行っちゃえ!どーせ誰も見てへんから大丈夫!」とゆーものですから、私もついつい甘えてしまって「雨よりマシやんなぁー(*^^)v」って事で、まぁそれなりの写真ですよぉ<(_ _)>

穂竜 大之部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
出陳数は48匹でした。
穂竜愛好会では47席まで洗面器に上がります。
それでは、三席までをご覧ください。

一席
穂竜 穂竜

二席
穂竜 穂竜

三席
穂竜 穂竜

穂竜 小之部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
出陳数は47匹でした。
それでは、三席までをご覧ください。

一席
穂竜 穂竜

二席
穂竜 穂竜

三席
穂竜 穂竜

変わり竜の部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
変わり竜の出陳数は60尾でした。研究会では過去最多出陳数です(*^^)v
それでは、三席までをご覧ください。

一席
変わり竜 変わり竜

二席
変わり竜 変わり竜

三席
変わり竜 変わり竜

歓談・魚評
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 昼食も終わり、会長や審査員も落ち着いた頃に、自分の出陳魚について色々と質問タイムが始まります。順位は色々なのですが皆さんが気に成るのは「この魚はどうでしょう?」って事ですよねぇ。今現在どうですか?この先品評大会へ向けてどこに注目して何処を伸ばせば良いですか?って事が凄く気に成るところだと思います。自分の魚を前にして会長や審査員の方々に飼育アドバイスを貰える機会は多く有りませんから、この機会を逃さずに積極的に質問して下さいね。この時に注意して頂きたいのは、審査批判や他人の魚の批判にあたる発言をしないで下さい。そんなつもりは全く無くても、そう受け取れる発言をしてしまう場合が有ります。以前にも書かせて頂きましたが、自分の魚を例にした場合であっても「自分はこっちの魚の方が上位だと思うのですが!」って発言は審査批判だと受け取られますので気を付けて下さい。

 今回初出陳された会員様とお話しさせて頂いた時に、「何時もWSで書かれているように、出陳した方がめちゃ楽しいです。」って言葉をかけて頂きました。そして「前は、すごいビビりながら参加してたんですけど、話出来る人も出来て来たし、今はめちゃ楽しいし、めちゃモチベーション上がってます。」と続けられました。そういう話を聞くとめちゃ嬉しいですねぇ。私も頑張って写真撮影せねば(*_*)

 あっ!魚評もしっかりと丁寧に行われました。

閉会・撤収
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
 研究会は表彰式とか有りませんから、適当に閉会して撤収作業に成ります。
片付けも率先して皆さんが手伝って下さいますので、めちゃ早く終わりました。最も心配していた雨も降りませんでしたし、多くの会員様と出陳魚が集まりとても充実した第二回研究会に成りました。
 最後は会長の作られたスイカを美味しく頂きました。このスイカを頂くのもすっかり恒例に成っています(^_-)-☆ スイカの味はS女子さんの喰いっぷりで判断して下さいね!(^^)!
早朝より最後までお手伝い頂きました会員様、誠に有難うございました。

 次は、10月16日に行われる第十回全国品評大会です。
今年は十回記念大会でも有りますので、皆様にスペシャルな参加賞も準備する予定ですし、大いに盛り上がる事間違いなしです。
まだ一月以上有りますから、今いる個体を最大限に飼い込んで良い個体を出陳して下さい。

最後までお付き合い有難うございました。