2016年 第一回研究会
穂竜愛好会弐歳会 ・2016年 7月 3日(日曜日) 晴天
・参加者:約50人(来場者は80名以上)
・出陳魚数:穂竜約90匹、変わり竜約40匹
◆協賛社
  神畑養魚株式会社 様
  株式会社キョーリン 様
こちらでも研究会のレポートがご覧頂けます。
穂竜大好き 様
雨虎の金魚(穂竜)Talkie Doorkey短歌 様

2016年 7月 3日(日曜日)

穂竜愛好会 第一回研究会が開催されました。

※当WSは穂竜愛好会ファンサイトです。会を代表した公式なものでは全く有りませんので、その事をご了承ください。

会長の飼育状況見学/機材搬出
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
いつも「遅れることだけは絶対に許されない!」と強迫観念がある大阪Gはかなり早めに現地に着くように出発しています。よって、毎回小一時間は早めについて近所のコンビニで軽く朝飯をするのがお約束。今回もそんな感じでサンドイッチを食べていると京都の二人が合流してきました。
そこで少し話していると、良い時間になったので、会長宅へ伺いました。既に常任理事のM氏が居られ会長と池を覗いておられましたので、我々も穂竜・変わり竜を見せて頂きました。
いつもは、当歳魚が入っている場所(ここが一番魚を見やすい)に弐歳、親魚が入っていたのですが、どの個体も真ん丸で流石会長の魚って感じでした。
でも一番印象に残っているのは、畑一面を覆い尽くしたスイカの蔓?一面スイカの蔓だらけで足の踏み場もないとはこのことでした。

そうこうしている間にトラックが到着しましたので、一斉に積み込みいざ会場の赤穂城址へ

会場設営
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
現地に着くと現地集合組の会員様がたくさんお手伝いに来てくださいまして、これまた皆黙々と会場設営!大変助かります。有難うございます。
研究会は洗面器の数はそれないに多いのですが、サイズが小さいので時間はかかるのですが、まだマシ!とにかく寡黙にひたすら水を張り続けるのみ。ご苦労様です。


分譲魚準備
穂竜愛好会研究会 穂竜・変わり竜共に十分な数の分譲魚が準備されました。
弐歳会程では無いにしても、分譲目当ての会員様も多く居られますので、分譲魚の準備が始まれば手の空いた会員様がわらわらと集まって来られ、お目当ての錦魚が居るかと品定め!


金魚/穂竜すくい準備
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
穂竜愛好会 第一研究会の目玉企画、と言っても言い過ぎでは無い?無料の金魚/穂竜すくいの準備も始まりました。
金魚はらんちゅう、土佐錦など高級金魚がサイズも様々に、かつ大量に放り込まれ「これが全部無料で掬えるのですか?」の規模です。そして穂竜すくいの方は更にゴージャス!でっかい変わり竜は泳いでいるし、弐歳魚もチラホラ泳ぎ、極めつけは「これこのまま出陳してもええんとちゃいますの?」って感じの当歳魚がごっちゃりと・・・。
そんな金魚すくいの舟を覗くと周りの会員様からは、「俺のよりこっちのがええやん。」「大人はすくったらアカンのか!」っとまた違った盛り上がりを見せていました。
大人でもこんなですから、子供はもっとテンション高く「早くすくわせろ!」の大合唱。
その脇で我が子に、「お父ちゃんの為に、こんなヤツをすくうんやで!」と虎視眈眈と使えそうな穂竜ゲットを狙うヨコシマな大人のアドバイス(#^.^#) こんな楽しイベントが有るのも穂竜愛好会の和気藹々としたところ(^_-)

受付開始
今回も数名の方が入会して下さいました。有難うございました。これから一緒に穂竜楽しみましょうね
また、割高弁当も沢山の方が注文して下さいます。出陳料を頂かない穂竜愛好会ですから、品評会を催しするたびに赤字運営(@_@;) 皆様のお気遣いに感謝しています。誠に有難うございます。

魚受付開始
穂竜愛好会研究会 審査場に水を張った洗面器がずらっと並んでいますので、そこへ各自で出陳魚を入れて頂きます。
受付でもらう番号札を裏返しに入れ、そこへ出陳魚を一匹入れてもらいます。白の札は穂竜、黄色の札は変わり竜と決まっています。
この洗面器は審査場内に置いていますので、入れるのはこの時だけです。一度魚を入れて退場すると次は入ることができません。今年は大変スムーズに魚の受付ができました。皆様ご協力有難うございました。
その後、審査員が穂竜の大小を見極めて半分に分けていきます。
明らかに大きいサイズ、小さいサイズは良いのですが、最後に数匹これどっち?がでてきます。今回も十匹弱が残ったのですが、ボディーのサイズで判断して分けました。

分譲スタート
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
今回の分譲会も大いに盛り上がったのですが、順番を決めるくじ引きに並んでいる顔ぶれが凄く豪華、いや異質?異形?・・・。常任理事の二名が並ぶ、その後ろにも理事が数名並び、会員様から「コーチT氏並ぶんですか〜?」っと笑い交じりの質問が、いや野次が!
「ええのが居るから並ぶんじゃー!分譲は平等やぁー」、追い打ちをかけるように常任理事M氏も「ええのがいますよねぇ〜」っとシレーっと並んでおられました。
一般会員様は「あんたら並ばんと、ワシらの為にええの置いときなはれ!」と心で思われたのではないでしょうか(^_^) でもまぁークジですからねぇ。
っで、ここで止めときゃ良いのに、コーチT氏の引きの良さ!4番とか引いちゃって狙ってたやつを「憎たらしい笑顔でゲット!」なぜか会場は大爆笑!  満面の笑みでゲットした後、「二回目は止めといたろ」っと、ワシ優しいから気を使ったで風を醸し出す? そりゃ止めときなはれ!っと理事は全員心の中で突っ込みましたよ(*_*)  まっ、そういつ私も一つゲットさせて頂きました。
S女子さんは当然の様に並ばれましたので、空いた受付は写真の如く汚い感じにハゲ散らかしました<(_ _)>

酸素パッキンンは毎度カミハタさんにお手伝い頂きまして誠に有難うございます。大変助かっています。

開会
穂竜愛好会研究会 会長の挨拶で開会しました。
「梅雨やのに雨降らない感じで良かったです。熱中症に気を付けて楽しんで下さいね。」みたいな感じだったと思います。
何時もはこの後に会場での注意事項が延べられるんですが、ちょっと雲行きが怪しくなったことも有り、また常連の方が多かったことも有り、注意事項の説明は省略!
審査開始となりました。

審査開始

穂竜 大之部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
出陳数は44匹でした。
穂竜愛好会では47席まで洗面器に上がりますので、少し足らなかったのですが、大之部、小之部と分けていますので、十分の数が出陳されました。
それでは、三席までをご覧ください。


一席
穂竜 穂竜

二席
穂竜 穂竜

三席
穂竜 穂竜

穂竜 小之部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
出陳数は44匹でした。
それでは、三席までをご覧ください。






一席
穂竜 穂竜

二席
穂竜 穂竜

三席
穂竜 穂竜

金魚/穂竜すくい
穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
第一回研究会恒例の無料穂竜すくいは、審査の合間に行われています。
今年も会員様の子供たちや、地元赤穂の子供たちがたくさん遊びに来てくれました。子供たちにはいつもと同じ縁日の金魚すくいでしょうが、私は声を大にして言いたい。「絶対に世界でここだけグレードの穂竜すくいなんですよ。」っと!仮に関東の縁日で行うと分かる人は一回二千円でもやりますよねぇ。
でも、子供たちに遊んでもらうのが目的ですから思い切り遊んでもらいました。あっという間にポイが数百枚無くなったので、満足してくれたと思います。

地元のママさんの話では、「昨年来て(穂竜を)7匹持って帰ったけど今2匹に成ってしまったから、ママ友をLINEで集めて皆で遊びに来させてもらいました。」っと嬉しい報告を頂きました。いや〜地味に地元赤穂に地金魚穂竜を広める大作戦!っが成功しているじゃありませんか。当然、この先の展開としてはその後ついついパパがハマって「子供が掬ってきた穂竜がきっかけで入会しました。」を狙います。また、その子供が大きく成った時に「小さい時穂竜すくいしてました。大人になってHCで金魚見て思い出したんで、入会しました。」ってのがええですよねぇ。その頃は私もええお爺さんですから、本部席に座って、「早よ審査せーよー、何時までかかっとんねん」と言っているでしょうか? まさかその頃まで審査してたりしませんよねぇ(-_-;)

とにもかくにも、大いに盛り上がった穂竜すくい。来年もやりますからお楽しみに(#^.^#)

変わり竜の部

穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会 穂竜愛好会研究会
変わり竜の出陳数は39尾でした。穂竜愛好会では47席まで洗面器に上がりますから、ちょっと足りませんでした。
それでは、三席までをご覧ください。




一席
変わり竜 変わり竜

二席
変わり竜 変わり竜

三席
変わり竜 変わり竜

※写真係りの私(inabou)は写真撮影の場合に、水面のゴミを取るために網で掬ったり、魚が泳がなかった場合に少し洗面器を叩いたり、大きなゴミを取るために洗面器に手を入れることも有りますが、これは会より特別な許可をもらっています。
blog等にアップするにあたり、皆さんも綺麗な写真を撮影したい気持ちは分かりますが、いかなる場合でも勝手に洗面器(番付札含む)に触れることが無いように皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

歓談
穂竜愛好会研究会 今回も皆様が丹精込めて創られた素晴らしい錦魚がたくさん並びました。
番付表を見ていると新しい名前がチラホラと上位に入っています。大変うれしく思う反面、「私も頑張らねば!」と身が引き締まる思いです。そういう会員様は、何時もとても熱心に審査員を捕まえて積極的に質問をされています。傍から見ていても「良い錦魚を創りたい」って気持ちが伝わってきます。
努力して結果が伴うとやる気出ますよねぇ。これからも更に頑張って良い錦魚を出陳して下さいね。

私は今回、穂竜小之部を審査させて頂きました。
毎回なのですが、ド緊張でゆとり全く無しで必死のぱっちで審査させて頂きますので、その後ダウンしてしまい本業の写真を撮る気力が出ず、写真が有りません。極力写真をたくさん載せて会場の雰囲気を伝えようと心がけているのですが、写真少なくて申し訳ありません。毎年、来年こそはダイエットして最後まで元気な私で広報業務を遂行できるように!と反省するのですが、性格がデブですから難しいんですよねぇ。第二回研究会も同じかと思います。我こそは写真撮ったるで〜って方は、是非声をかけて下さいね。

次は9月4日が第二回研究会です。
皆さん必ず出陳する!って気持ちで油断せずに飼育を頑張って下さいね。そして丹精込めて創られた錦魚を出陳して下さい。私も負けないように奮起して頑張ります。
ではまた会場でお会いしましょう。今回も最後までお付き合い頂きまして誠に有難うございました。