2012年 穂竜愛好会第六回研究会
穂竜 ・2012年 7月21日
・参加者40名以上
・穂竜:出陳尾数約80尾
・変わり竜:出陳魚数約50尾
・無料金魚すくい有り
コメント

穂竜・変わり竜(黒青竜・五花竜など)の詳細は穂竜愛好会を見て下さい。

2012年 7月21日(土曜日)
準備
穂竜 研究会 朝、我が家を4時出発で大阪グループ四名、赤穂市の会場へ突撃致しました。今年もグループ長の○○さんに乗せて行って頂きました。毎度有り難う御座います。
会場の公園には6:30に到着!数十分の間に多くの会員の方々が朝の準備のお手伝いに来られ、七時前には会長宅へ荷物の搬出に行き、会場設営に取りかかりました。
年々、多くの会員の方が手伝いに来て下さいますので、準備は凄く短時間で終わります。その後有意義な会員間の歓談の時間が取れます。一緒に汗をかくと連帯感も生まれその後の話しにも花が咲きます。
私も今回で四回目の参加ですから、多くの会員の方と顔見知りになれ楽しく会話できました。

受付
穂竜 研究会 そうこうしているうちにたくさんの方が来られました。
ちょっと予定時間より早かったですが、受付が開始されました。
会員の方はここで首から下げる名札を貰います。その札には県名と名前と入会年が書いて有ったと思います?
これによって、初めての人でも同県の方が見つかりますし交流が更に進みます。

そして、毎年数名の方がこの機会に新入会されます。
その後は、めちゃめちゃ社交的なS女史が入会の心得を新規入会された会員の方に説明されます。って事は無く、同じ県の方を紹介したりして楽しく会話が進みます。

今年は「外虫魚図さ〜〜ん」と呼ばれ、受付に行くと「いつもHP見てくれてはる新会員さんやでぇ〜」と紹介して頂きまして、楽しく会話させて頂きました。
バタバタと忙しく十分にはお話出来なかったかも知れませんが、これからも宜しくお願い致しますねm(__)m

Tシャツ配布
穂竜 研究会 受付の後、Tシャツの配布が行われました。
みんな注文していたTシャツを早速着込み、嬉し恥ずかし(オソロ)Tシャツ軍団になりました(^_^)v
私が真っ先に(嬉しそうに)Tシャツに着替えたのですが、結果的に約十数名のおっさんが穂竜Tシャツを着て研究会を満喫しておられました。
ええ歳していても楽しいですね。楽しむときは思いっきり楽しむ。これ最高です(^_^)v

即売会
穂竜 研究会 みんなお待ちかねの即売会です。
今年は榊会長の掲示板でも書かれておられましたから、皆さんご存知でしょうが会長さんの稚魚がた〜〜〜くさん星になりましたので、即売用の魚は少なかったです。
よって、会員優先の即売会になりましたが皆さんお目当ての穂竜・変わり竜を食い入る様に覗き込んでおられました。
特に写真の様に愛媛のM氏は食い入りすぎで見てました(^_^)
この場を仕切られた京滋GのちっちゃいY氏、ご苦労様でした。赤いキャップが良くお似合いでしたよ。

無料金魚(穂竜)すくい
穂竜 研究会 昨年より始めましてご好評を頂いております「無料金魚すくい」を今年も行いました。
すくい用の舟を二つ用意して、一つは子赤、デメキンなどの定番すくい金魚。そしてもう一つは穂竜愛好会らしく(ハネ)穂竜が入ったモノです。
たくさんの地元の子ども達がワイワイ楽しそうに飽きるまで金魚を掬ってました。

舟の中で黒く見えるのは穂竜です(^_^)そして、薄い色に見えてますのが変わり竜です。
なかなか贅沢な金魚すくいでしょ(^_^)v

穂竜 研究会 しかし、すくい金魚にしては穂竜は大き過ぎで・・・。
入れたときに試しに掬ってみたのですが、私には一尾も掬えませんでした。よって「小さいの掬っても好きな穂竜持って帰って下さいね!」なぁ〜んて言っていたのですが。
実際に始まると子ども達は掬うのが上手でこのサイズの穂竜でも掬っていました。
上手な子は結構たくさんの大きな穂竜を掬って酸素パッキンで帰って行きました。
これがきっかけで地金魚の穂竜が赤穂市内でもっと認知されて飼育人口が増えてくれることを願っています。

会長挨拶
穂竜 研究会 会長の挨拶で「穂竜愛好会第六回研究会」が開催されました。
この時点では穏やかな日差しと浜風が吹き、研究会日和です。ってな感じの挨拶がありました(^_^)v
っが、この後猛烈な日差しでみんなコゲておりました。




審査開始(変わり竜)
穂竜 研究会 今年の研究会は評議員と役員が審査をさせて頂きました。
穂竜の部・変わり竜の部の二部門同時に審査が行われました。
各部門の審査は審査員一名が補佐に入り評議員二名、役員二名が中心となり、五名で行いました。

写真は変わり竜の審査風景です。
みんな普段は見せたことのない真剣な顔で食い入る様に変わり竜を見てますねぇ。

審査開始(穂竜)
穂竜 研究会 写真は穂竜の部の審査風景です。
私はこちらの審査をさせて頂きました。勿論初の審査です。
この日のためにいっぱい審査の準備をしてきましたが、数日前より胃が痛くなるぐらい不安でいっぱいで、前日は余り眠れず、寝ても穂竜の夢を見て・・・。
私の中では魚が洗面器に並んだ時から、審査は始まっており。どの穂竜が良いか?どの穂竜にどんなクセがあるのか?この穂竜は尾にクセがあるが泳ぎにもクセがあるのか?・・・・・。
もう頭の中を約80尾の穂竜がグルグル回っておりました。

審査の方法はそれぞれが良いと思う穂竜が入った洗面器を持ち寄ります。そしてその中でどれが最も良い穂竜なのか!を合議します。
上位十位ぐらいまではクセもなく泳ぎもスムーズなので審査も比較的スムーズに進むのですが、中盤になるとクセが有る個体が増えて来ます。そうなると「この個体はクセはあるけど尾は開いてる。」 「こっちはクセはあるけど泳ぎにクセが余り出ていない。」「こっちの個体は尾は良いがパールの乗りが・・・。」
審査って難しい。想像していたよりも何倍も難しいですし、責任重大です。
会場には一生懸命この個体を育てられた方々が「自分の個体はどうだろう?」って気持ちで待っておられるのです。当然一個でも上の順位になりたいに決まってます。
そんなことを考えながら審査をさせて頂いていると、疲れる疲れる!休憩無しで一時間ちょっと穂竜を見っぱなし!
倒れる寸前に47位までを決める事が出来ました。審査員のT氏にたくさんフォローをして頂いてなんとか終了できました。有り難う御座いました。そして、出陳をされた会員の皆様審査をさせて頂きまして誠に有難う御座いました。

昼食
穂竜 研究会 審査が終わって精根尽き果てた状態で昼食をしました。
ハッキリ言って何を食べたのか解りませんでした。ただただ放心状態でしたσ(^_^;)汗...

その後、本来の広報業務をしなくては!っと自慢のミラーレスカメラを片手に写真をパシャ、パシャ疲れたぁ〜!パシャ、パシャ〜・・・。
以下の写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、全くカメラが活かせておりません!それどころか今まででもっとも悪いですm(__)m
枚数も少ないですし、五位までしか撮影できていませんし、カメラのお陰でピンボケは少ないもののアングルが最低です(TдT)
ホントにすみません号(┳◇┳)泣
更にさらに動画も・・・。泳いでない穂竜、変わり竜を撮影してます。猛省!!品評大会では頑張ります。

穂竜の部

一席
穂竜 穂竜



良い穂竜ですねぇ。全体のバランスも良いですし、特に尾開き最高です。前かがりで理想的な尾型をしてます。このまま秋の品評大会に出てきても良い位の出来ですねぇ。

二席
穂竜 穂竜



三席
穂竜 穂竜



四席
穂竜 穂竜



五席
穂竜 穂竜



変わり竜の部

一席
変わり竜 変わり竜



パールの乗りが綺麗な黒青竜です。黒の斑も濃くかわいいですねぇ。

二席
変わり竜 変わり竜



三席
変わり竜 変わり竜 >



四席
変わり竜 変わり竜



私の出陳魚です(^_^)vこんな位置にいてビックリです。当日は疲れていてそのことにも気づかなかった位ですが・・・。

五席
変わり竜 変わり竜



魚評価
穂竜 研究会 順位が出そろうと、それぞれが会長を捕まえて魚評を頂きます。
私もそうですが、ここで指摘されてやっと自分の出陳魚のクセに気づくことが有ります。
自分では気づいて無かったクセや欠点。またこんな場所も見てるのか!っと気づく大事な時間です。
人の魚を批判する事は御法度ですが、自分の魚の評価をして頂く事はOKです。この時は悪いところもハッキリ教えて頂けますし凄く勉強になりますので、是非皆さんも自分の魚を持って来て下さい。
持って来て直に教えて頂くのが近道ですから、遠慮せずに持って来て審査員の方々に直接疑問をぶつけて下さいね。親切丁寧に教えて頂けます。

撤収
穂竜 研究会 猛烈な暑さの中無事に研究会は終了致しました。もしかしたら途中雨かも?っと心配もしていたのですが、日頃の行いがよいので降りませんでした。
会場の機材をみんなで一斉に片付けて、閉会しました。今年も司会進行をして頂きました京滋グループ長のS女史お疲れ様でした。
会員の皆様これから夏本番ですが、ガッツリエサを与えて猛烈に水替えをして頑張りましょう。私も秋の品評大会で上位入賞を目指して頑張ります。
最後までお読み頂きまして有り難う御座いました。