福ダルマ飼育記録

福ダルマ
福ダルマ ・産地:富山県魚津市
・宮島養魚場産
・サイズ:6センチ前後(当歳で迎える)
コメント

★2006年12月10日から飼育を開始。
この金魚は宮島利明氏により40年近くの歳月をかけ玉サバより改良された種類です。
現在も「宮島養魚場」さんでのみ維持、生産 されているようで、一般の金魚市場に流通する事はほとんど無いようです。
私は、下記で紹介しています「玉サバ応援隊」の掲示板で「宮島養魚場さんより期間限定地方発送OK」の告知を見て購入致しました。

玉サバ福ダルマの違いなのですが難しい世界に入ってしまいます。(汗)まず「玉サバ」って金魚自体知らない方が多いと思います。
私も説明できるほど知りません。困ったときは専門サイトにお願いしましょう。って事でたま金さんが運営されている「玉サバ応援隊」で勉強して下さい。
私もこのサイトで福ダルマの魅力にどっぷりはまりました。また、EM菌の事もこのサイトで知りました。皆さん是非一度訪れて下さいね。

一応福ダルマ 我が家には上記の「本物福ダルマ」以外にも「一応福ダルマ」がいます。一応福ダルマは2006年6月から我が家に住んでます。一応と言うのは「福ダルマ」のハネモノだからです。
ハネモノとは、形がイマイチ(色が悪いや、背中の盛り上がりが少ないなど)な為に本来淘汰されるべき個体です。(福ダルマとは呼べないそうです。)
この一応福ダルマは60センチの規格水槽で飼育しています。本物に比べると確かに見劣りしますが十分にかわいらしい金魚ですよ。これからも大事に飼育していくつもりです。
2007年4月
一応福ダルマは引っ越しを期に幼稚園の池に放流しましたが数日の内に鷺(サギ)の餌に成ってしまった様です。残念!!

2007年5月18日
福ダルマ転覆 どの個体も順調に大きくなっている様に思います。(毎日見ているので成長が解りにくいのです)
しかし、残念なことに一匹だけ転覆する個体が出てきました。それも体型が最もすばらしい個体です。
水温が高く(25℃前後)なってきたので、エサを多めに与えている影響かと思いますが食後に転覆します。常時転覆では無く食後のしばらくだけですが心配です。治るのでしょうか?

2007年6月17日
エンドラ水槽に入っているマツモがじゃんじゃん増えるので(すてるのは勿体ない)この水槽に入れてみたところ茎だけ残して食べる食べる!無駄が無くて良い感じです。

2007年7月28日
福ダルマ横見 最近の福ダルマです。現在我が家で一番大きく見応えのする金魚です。背中の盛り上がり、お腹のぼってり感、共に最高です。まだまだ大きくなって欲しいです。

福ダルマ上見 たまには上見です。我が家では水槽飼育ですから基本的には横からしか観賞しませんが上から見ても良い感じでしょ。
福ダルマの水槽は腰より低い位置に置いてますから見ようと思えば容易に見る事ができるのですがあまり見ませんね〜。



2007年10月11日
福ダルマ 近頃、朝晩は涼しく(寒いくらい)なりました。が福ダルマ達の食欲が落ちる気配は全く無く、順調に餌を食い大きく育っています。
夏場の水温は28−30℃をウロウロしてましたから、高タンパクの餌も頻回に与えてましたが、水温の低下と共に高タンパクの餌を与える割合を少なくした方が良いかな?と考えています。
といいましても水温26℃以上はあるんです。でも今までよりは3℃程度は下がってるんですよねぇ。どうしましょう??

熱帯魚のみを飼育していたときは与える餌の「高タンパク」とか「低タンパク」とか気にしたこと無かったのですが、金魚の飼育を初めてからはメチャメチャタンパク含有量が気になります。餌を購入する時にも真っ先にタンパク含有量を確認するようになりました。
低タンパクの餌は意外と少なく、見つけた時には嬉しくて購入してしまいそうな誘惑にかられます。今だに色上げで低タンパクの餌は見つけたことがありません。「色上げの成分=高タンパク」って事なんでしょうか?
それとも「冬場に色上げとか考えんでもええねん!」って事でしょうか?とにかく全ての金魚は順調に育っていて嬉しい限りです。

2007年11月30日
福ダルマ 最近はかなり寒くなりましたねぇ。しかし、福ダルマの水槽は室内飼育と言うこともあり23-24℃を保っています。(ちなみにベランダのメダカ水槽の水温は12-13℃です)
しかし、よく転覆していた個体が今ではずーと転覆状態です。餌を食べる云々に関わらず転覆しています。解っていても水槽を見る度に「☆になったのか!」と思ってしまいます。
積極的にビオフェルミン入りの餌を食べさせたりもしたのですが、全く改善しませんでした。まぁ、転覆していても元気?なんです。餌を与えると頑張って泳ぎだし、ひっくり返ったり戻ったりしながらパク付いています。 どうしようもないので、このまま放置することにしました。夏になったら治るかな?ぐらいに考えています。
(2008/4 夏を待たずに☆になりました。残念!)

福ダルマ っが、転覆予防のためにキョーリンの咲きひかり「低水温用S浮き」と言う餌を買いました。この餌は15Kg売りです。もちろんこんなに沢山は必要有りませんから1Kgの量り売りを購入しました。

その他の個体は至って元気です。餌食いの影響でサイズに多少の違いは出てきていますが、それなりに大きく可愛く育っています。
来客者にもっとも人気があるのもこの福ダルマです。
来年に稚魚がとれるのを密かに楽しみにしておられる方々もおられるみたいです。(笑)

2008年 3月17日
福ダルマ みんな順調に大きく育っています。
当歳で迎えた福ダルマも早いモノで明け3歳になりました。
この春は楽しみにしている仔引きに挑戦するつもりです。
人工産卵藻も準備できてますし、肝心の親魚の成長(成熟)も問題無さそうです。
てな訳で問題はスペースだけですねぇ!!どうしましょう??

福ダルマ 上見の姿も見てもらおうと洗面器に上げてトライしたのですが、洗面器が浅く水面より背中が出てしまいます。
仕方なく手でバランスを保ちながらの写真撮影とあいなりました。
流石は本家「宮島養魚場」産だけ有ってとても立派な背なりをしております。
福ダルマは横から見ても上から見てもどこから見ても、ホントにめっちゃ可愛い金魚です!

2008年 5月16日

セパレーター 2月の後半から雌雄を分けて飼育していましたが、5月のGWに期待の♂魚と人工産卵藻を入れて、福ダルマの仔引きに挑戦しました。
悲しいかな、産卵のみのために水槽をセットする場所が確保できませんでしたので、既存の90センチ水槽内の雌雄分けセパレーターをずらして少し広くし、そこへ♂を1匹入れての挑戦です。

結果はあっさり失敗です。
何が悪いのかいっこうに産卵する気配はありません。♂はがんばって♀を追いかけているんですが・・・。
GW中の産卵は有りませんでした。
その後、一度産卵を行ったようですが私が見たときには捕食されたのか数卵しか確認できず、産卵藻の回収はしませんでした。

福ダルマの仔引き そして、2回目の産卵(♂2尾♀2尾で挑みました)でようやく数十個の卵が確認出来ましたので、産卵藻を回収して簡易孵化水槽へ移しました。

今朝確認すると20数尾が孵化していました。
現在は水底でじーーーーとしてます。数日中に自由浮遊を始め餌を食べ始めると思います。
未練たらしい私は産卵藻の半分を未だ産卵水槽内にセットしてまして、3回目の産卵に期待しています。
(♀のお腹を見る限りどうしてもまだまだ卵が入っているようにしか見えないんです。って福ダルマは♂もそんなお腹なんですけどね!)

2008年 5月17日

福ダルマ 福ダルマの(針仔)稚魚が順調に出現しています。
本日数えましたら60尾程度いてそうです。(うふっ!)
妻の言うように初心者はこれぐらいの数で始めるのが良いのかも知れませんね。何てったって飼育スペースが確保出来ないですしね!
針仔の内数尾は自由浮遊?と思える泳ぎを始めました。念のためブラインの孵化したてのモノを極少量入れました。
食べているのかどうかは確認出来ませんでした。

明日の朝には一段と泳ぐようになっていそうですし、クリーンワムシの出番かも知れません。
毎日毎日ケースの傍らで見守るのがとっても楽しいです。

2008年 6月30日

福ダルマ 長らく♂♀を仕切って飼育していましたが、水温も27℃前後と暖かくなり繁殖行動も見せないだろうと判断して、仕切りを取り除きました。しばらく様子を見ていましたが♂が♀を追いかけている姿は見られませんでした。
久しぶりに広くなった水槽内をすぐにでも泳ぎ回るかと思いきや!しばらくは仕切りが無くても有るかの様に行動範囲はだいたい同じ感じでした。(不思議です)
翌日には広く泳いでいましたけどね。

2008年 8月19日

福ダルマ 最近目に見える成長こそ有りませんが、とっても良い感じに育っています。
この個体は明け3歳の♂で私の一番のお気に入り個体で、今年産まれたチビダルマ達のお父ちゃんです。
この個体の様に迫力ある体型に育ってくれることを願っているのですが、どう育つでしょうか?

福ダルマ こちらの写真も同一個体左側です。
ちょっと目がキモイですが(笑)、良い色艶で惚れ惚れします(自画自賛)。
他の個体達も順調に大きく成長して貫禄も出てきていて良い感じなんですが、この個体が特にまん丸で尾びれが短く私の中の「福ダルマ」そのものなんですよね。
チビ達の中からこの様な個体が育ってくれたら、ちょっと泣きます。

2008年 9月 2日
更紗和金 更紗和金 更紗和金
存在感!

迫力!

色柄!

どれをとっても、惚れ惚れします。