熱帯魚

飼育設備

このコーナーでは我が家の飼育設備を紹介します。
8畳のリビングを占領し飼育を楽しんでいます。 一応、冷暖房完備です。一応といいますのも”妻とオフクロ”が「空気の入れ換え!!」と称して換気を思いっきりします。おまけに リビングですので人の出入りも激しく到底温室の様な密室?って感じはありません。一応、扉が閉まり完全に個室に出来るのですが これまた、”妻とオフクロ”が「圧迫感がある!!」とのたまい、とっても開放感あふれる?空間になってます。
本題に戻りますが、大きな重い水槽ですので床の補強・専用の流し台などを完備し、メンテナンスも楽に出来るようにしています。
飼育空間 水 槽 水 槽 台 濾 過 器 濾材・ブロアー・照明など
・飼育部屋
・温 度
・水回り
・床 補 強
・150水槽
・120水槽
・海水魚水槽1
・海水魚水槽2
・メダカ水槽
・ペルヴィカ水槽
・プレコ水槽
・150水槽
・海水魚水槽
・その他の水槽
・150水槽
  (上部式)

・150水槽
  (OF式)

・120水槽
・海水魚水槽
・その他の水槽
・濾材:
   メーカー品
・濾材:軽石
・ブロアー
・照明:
   海水魚用
・クーラー:
    海水魚用
・殺菌灯:
    海水魚用

飼 育 空 間

飼 育 部 屋
水槽部屋 ・面積:8畳
・温度:夏は30度以下 冬は20度以上
コメント

ダイニング横のリビングを占領した広さ8畳で私的には十分な広さのスペースを使ってます。
ダイニングとの間に”折れ戸”を完備し、完全な個室になります。っが冒頭でも書いていますように”妻とオフクロ”の言い分が 色々とあり開放感に満ちたスペースに仕上がってます(こういった趣味の部屋はちょっと汚くて狭くても”秘密基地”的な 要素が欲しいと思いませんか?もちろん贅沢なのは承知しています)

また、リビングということもあり”見た目”にもかなり注文があります。
@水槽のコケ
A水の透明度
B飼育用具の置き方・置き場所
Cニオイ
D照明時間などなど
色々と厳しい”指摘”と”ご指導”を頂いています。
お陰様で何時、誰に訪問をされても大丈夫な空間ではあります。(誰も来ませんけどね)

温 度
温室用エアコン ・機種:東芝の大清快
・設定温:夏場は26度
・設定温:冬場は24度
・など
コメント

飼育魚は基本的に熱帯魚なので水温管理が必要です。
夏も冬もエアコンで温度調整を行っています。
熱帯魚の飼育経験の無い人は「”熱帯魚”なのに夏温度を下げる必要があるの?」って思われませんか?私も飼育をするまでは夏場は 熱くても平気!!って思っていました。
ところが熱帯魚飼育では「いかに夏場を乗り切るか」っが大変重要です。

熱帯魚は熱さに弱いのです。

日本の夏は暑いのです。夏場、室温は平気で35度前後になります。水温も何もしなければ室温と同じになります。この温度は熱帯魚 には耐えられません。32度前後が長期間続くだけでも死亡していきます。(種類によってはもっと高くても大丈夫な魚も居ます)よって 我が家では夏場も温度管理をして少しでも快適に過ごしてもらう努力をしています。

夏場は外出時、夜中など部屋に誰もいない状態でもエアコンの稼働を許されています。(本当に感謝)
温度設定も基本的に”室温”では無く”水温”管理です。メイン水槽の水温が30度前後になるように調整をお願いしています。 (私は仕事で家に居ませんから”妻とオフクロ”にお願いをしています。ここら辺もこの二人の”発言力の強さ”の源にもなっていると思います)

実際夏場は午前中”空気の入れ換え!!”と称して窓など開放、昼前に水温が30度近くになるそうなのでここでクーラースイッチオン!との 事ですが私が夕方帰宅すると水温は32度を超えているときが多々有ります。(もちろん実害がでていませんのでOKです。) そのまま翌朝まで稼働後妻の起床と共に電源OFFです。夏場の平均水温は30度程度です。(代謝が活発で餌食い抜群です)

冬場も当然”空気の入れ換え!!”は行われます。ハッキリ言ってかなり寒いです。大型水槽は水量が多いので問題有りませんが、小型水槽では問題有りです。 水温が一気に下がり始めます。当初、室内エアコンのみで水温をすべて管理する予定でしたが、安全のために全ての水槽にヒーターを入れて対応しています。
実際”空気の入れ換え!!”数分後には小型水槽のヒーターが一斉に稼働し始めます。冬場の平均水温は26度程度です。(代謝が少ないので餌食いはイマイチです)

流し台
流し台 ・サイズ:75*70
・ステンレス製
コメント

水槽専用の大きな流し台が付いています。お湯も出ますし蛇口を2個に分けていますので非常に便利です。
1個を浄水器(マーフィードスタンダード:1年半フィルターの交換無しで使用していますが塩素の検出は有りません)に付けて、もう1個はフリーですので給水しながら洗い物も出来効率的です。

水換え:排水時
メイン水槽の水量はろ過層など全て含めると1トン弱ですので1/2の換水はバケツでは無理です。
流し台の横にメイン水槽を設置していますのでホースをつないでバルブをひねるとサイフォンの原理で排水出来るようにしています。
いつもこの間に水槽内に肩まで腕を突っ込んで底面、側面のコケ取り等を行います。コケ取りをしない場合は手をぬらさなくても出来ます。

水換え:給水時
水温調整を行って浄水器の先につけたシャワーより給水するだけです。
この給水が結構時間がかかりますのでその間に小型水槽(4個)の水換えを行います。

換水頻度
・150センチ水槽(週1回:1/3程度)
・120センチ水槽(週1回:1/2程度)
・金魚水槽(週1回:1/3程度)
・エンドラーズ水槽(週1回:1/2程度)
基本的に150センチ水槽と120センチ水槽は別々の日に行います。それ以外の水槽は前記水槽の注水中に行います。

床 補 強
床の補強 ・床下を突っ張り棒みたいなので補強
コメント

写真の水槽のある部分の下は全て補強しています。
大型水槽を置く場合は床の補強は必ず必要です。
我が家の場合は、「1畳2トンまでは十分に耐えられる強度」で依頼しました。

小型水槽の床面も500キロまで耐えられる強度に補強済みですので水槽の下はすべて補強していますので安心です。

水 槽

水 槽−−150水槽
150センチ水槽 ・製造:Aquarium 水槽工房
・サイズ:150*80*65
・水量:約800リットル
・素材:アクリル-国産キャスト(側面15mm、底面10mm)
・背面・底面はつや消し黒
コメント

引っ越しを期に大奮発して購入した夢の大型水槽です。サイズはポリプのビキール・ビキールを飼育することを念頭に置いて決めました。
搬入を考え玄関、廊下の幅を考慮し、その許される範囲内で最大を目指しましたので、規格の水槽は有りませんでした。
よって完全オーダーメイドでの作成となりましたので高くつきました。

しかし後悔しているところも有ります。
@サイドフローの穴をあけていないこと!
A上部の枠を15センチ、下部の枠を1センチの幅にしたらよかった!

@:この水槽は大きな上部濾過をセットで作成したので濾過不足で困る事は無いと思ってました。しかし、魚は大きく成長するし、 数は増えるしで全然足りなくなりました。結局”なんちゃってオーバーフロー”を追加して維持していますが「エアーかみ」が気になります。 何度も自分で横穴を開けるか悩みましたが、もし変にヒビが入ったら!っと思うと出来ません。勇気が有りません。濾過層にも開けて「新水垂れ流し」をしたいの ですが、濾過層にすら開ける勇気は有りません。パイプ類は購入済みなんですがねぇー。

A:ポリプはエラ以外でも呼吸をするために空気を吸いに水面に口を出します。よって水槽の上を15センチ程度水面を下げています。っがここに汚れが 付着して見た目が悪いのです。ここまで枠が有れば見た目も綺麗なのになぁー。といつも思います。(現在6センチ)
それと下の枠ですがこちらは3センチ有ります。ポリプを観察しているとき非常に邪魔です。1センチ幅なら邪魔にならないのになぁー。といつも思います。

<現在のメンバー>
・フロリダスポッテッドガー*2
・オスカー(ワイルド)*2
・パールン(セミショート)*1
・ポリプテルス コンギクス*4
・ポリプテルス エンドリケリー*1
・ポリプテルス オルナティー*1
・ポリプテルス ラプラティー*2
・ポリプテルス ウィクシー*1
・ポリプテルス デルヘジィー*1
・ポリプテルス パルマス*1
・ポリプテルス セネガルス(アルビノ)*2
・バイオレッドスネークヘッド*1
・ダトニオ(中)*1
・ダトニオ(大)*1
・アイスポットシクリッド*1
です。

水 槽−−120水槽
120水槽 ・サイズ:120*60*45
・水量:250リットル
・素材:アクリル(8mm)
・バックスクリン黒
コメント

ポリプと一緒にメイン水槽で飼育予定のアロワナがアイスポットに襲われたため、急遽購入し設置しました。
安物水槽のため厚みも薄くちょっと膨らんでます。(大丈夫かな?)メイン水槽と比べると各所で気になるところは山ほどありますが、 価格が価格ですので良いことにしています。

アロワナが死亡してからしばらくは、何となくプレコが入っている水槽でしたが、大きな流木を複数追加したり大磯(細目)を入れたりとちょっとしたレイアウトも施し復活しました。

魚も南米シクリッド(ゲオファーグスなど)やコリドラスを追加し見ていて結構楽しい水槽に生まれ変わりました。
欠点は全面のアクリルをプレコが囓り傷が付いているので所々見にくいことと、流木のアク抜きをしていないので水がかなり濃いブラックウォーターになっている事です。

<現在のメンバー>
・グリーンロイヤルプレコ*1
・ビッグスポットタイガープレコ*1
・レンジャーインペリアルプレコ*1
・ウルトラスカーレットトリム*1
・プレコ(色々)*6
・ゲオファーグス・スリナメンシス*1
・サタノペルカ・ダエモン*1
・アカリクティス・ヘッケリー*1
・ゲオファーグス・スタインダックネリィ*1
・コリドラス・シュワルツィ*4
・コリドラス・ステルバイ*4
・コリドラス・バイオレット*2
・コリドラス・アトロペルソナータスU*3
・コリドラス・ロクソゾヌス*2
等です。

水 槽−−海水魚水槽その1
海水魚水槽 ・サイズ:90*45*45
・水量:150リットル
・素材:ガラス
・バックスクリン青
コメント

引っ越し当初は、「チビポリプ育成用」として設置していましたが、”妻とオフクロとオヤジと姉”すなわち私以外の全員より
「汚いドジョウばっかり飼わんと綺麗な魚も飼いいやー!!」
とクレームの嵐!もちろん頑張ってはねのけるだけの権限も無く、ポリプはみんなメイン水槽へ引っ越し願いました。
そして、海水魚水槽へと変更です。初めての海水魚飼育で私もワクワク楽しく設置しました。
濾材や設備はすべてそのまま使用しました。しかし、
水温30度はまずいなー!
もっと海水魚らしい明るく、ちょっと青も欲しいなー!
白点病とかでやすいらしいなー!
ライブロックや珊瑚もいいなー!
水流もいるんかー!
って事で買いました。水槽専用クーラー(500リットル用)、とっても明るい照明、殺菌灯、ライブロック、パワーヘッドポンプ 良い感じです。海水魚水槽です。塩ダレもしっかりとしてます!(笑)
非常に高価な投資になりました。

■2006年11月をもって飼育を終了しました。

水 槽−−海水魚水槽その2
海水魚水槽 ・サイズ:60*45*30
・水量:70リットル
・素材:ガラス
・バックスクリン青
コメント

海水魚は縄張り意識が強いので種類がたくさん飼えません。家族からのリクエストは増える一方です。
レッドビーシュリンプに引っ越し願いました。
海水魚水槽その1の上の部分を陣取っていたエビに引っ越し願い、そのスペースに、その2を置くことになりました。っが もともと高さの低い水槽を置く予定の設定でしたので台の高さが低いので奥行きは50センチありますが高さがありません。 メンテナンスを考えると高さ30センチしか置けませんので変則な水槽を購入しました。
また、水槽用のクーラー、殺菌灯をもう一台購入する資金も有りませんのでつなぎました。
水槽その1からポンプで殺菌灯、クーラーを通り水槽その2へ入りオーバーフローにて水槽その1の上部濾過へ落下。
とつなぎました。どれか一つがつぶれた場合どうしたら良いか解りません。

■2006年11月をもって飼育を終了しました。

水 槽−−メダカ水槽
白メダカ水槽 ・サイズ:45*24*16(H)
・メーカー:ADA キューブガーデン45-F
・素材:ガラス
コメント

つい先日までは「エビ水槽」と名乗っていましたが「白メダカ水槽」に改名しました。
何故なら日誌にも書いてますが先日ろ過層がつまり久しぶりに コケなどをのけて掃除をしましたが、ほとんどエビがいませんでした。20匹弱です。
とても寂しい水槽なので隣の水槽から白メダカを入れました。
ここでいっぱい白メダカが増える事を期待しています。ここに引っ越す前のメダカ水槽には敵(タニシ多数、ミナミヌマエビ多数)いましたので産卵はすれど 増えませんでした。

2006/7
またまた、改名するかも「レッドラムズホーン水槽?」白メダカも1匹を残しいなくなりました。現在はレッドラムズホーンが稚貝を含め約100匹居ます。

■2007年1月をもって飼育を終了しました。
現在は原種エンドラーズ水槽です。

水 槽−−ペルビカ・タエニアータス水槽
ペルビカ・タエニアータス水槽 ・インボイス:ナイジェリアレッド
・サイズ:45*30*30
・素材:ガラス
コメント

白メダカが引っ越しをしてすっかりペルビカ専用水槽に成りました。
この水槽は水草のウォータースプライトが浮き草状態で水面を覆っていますし、中はウィローモスとミクロソラムでごちゃごちゃです。
鑑賞を考えればもっとすっきりさせたいのですが、魚には良い環境だろうとこのままにしています。

2006/9/19
F1のペルヴィカが産卵しましたが、ラムズホーンにすべて食べられてしまいました。

■2007年1月をもって飼育を終了しました。
現在はエンドラーズsp水槽です。

水 槽−−プレコ水槽
プレコ水槽 ・小型種色々
・サイズ:60*30*25
・素材:ガラス
コメント

ペコルティアにはハマっていた時に沢山飼育しました。
インボイスが色々でよく解りませんでしたが、20種類位は購入したと思います。

現在は色々なトラブルにみまわれてために10匹程度に減っていますが多分元気に生活していると思います。写真でもおわかりの通り「姿が見えん!」のです。
ぱっとみは全く見えません。よーく近づいて観察すると「おるおる」って感じです。

でもこの見えない状態が健康な状態です。頻回に全面に姿を現すようになると、「ヤバイ」です。
全面に姿を現すようになると近日中に死亡するパターンが多々あります。

我が家のプレコ達はとても設備が整っているとは言い難い環境の中でがんばっています。非常に丈夫です。
気を付けていることは「エアレーション」です。ハッキリいってそれだけです。 なにより水量が少ないですから、過密状態です。水換えも2週間に一回80%程度行いますし、水量の関係で水温がなかなか一定しません。
そのかわりと言ってはなんですが、エアレーションは いっぱいです。ディフューザーに投げ込み式フィルターに大きめのエアーストンで行っています。

このエアレーションのおかげで夏場の水温が30度を超えても一匹も死亡することなく元気いっぱいです。エアレーション命です。

<現在のメンバー>
・タイガーペコルティア*2
その他多数ですがちょっと忘れました。