熱帯魚

飼育設備

このコーナーでは我が家の飼育設備を紹介します。
9畳のLDKの隅っこを強引に奪い取り飼育を楽しんでいます。 一応、冷暖房完備です。一応といいますのも現在エアコンが付いていません。
この先(近日中)付けますので完備される予定です。
しかし、電力がパワー不足の為、各水槽にヒーターを入れる予定はありません。っが部屋も狭いですしヒーター無しでもルームエアコンで水温は20℃程度に保てるだろうと予測しています。
冬になり20℃を下回るようであれば考えます。

飼 育 部 屋 水 槽 設 備
・スペース(LDKの一角)
・室 温(エアコン管理?)
・飼育水(浄水器使用)
・台(木製オリジナル)
・90水槽(福ダルマ飼育)
・熱帯魚水槽(旧第三水槽)
 原種エンドラーズ飼育
□終了 第一水槽 ADA
□終了 第二水槽 ADA

飼 育 部 屋

スペース
スペース ・面積:2.6m*1.3m
・水温:夏は30度以下 冬は20度以上
コメント

9畳しかないLDKの隅っこ2.6*1.3mのスペースを占拠し、水槽、クワガタ、パソコンを詰め込み「お父さんの部屋」と言い切っています。
家族にはここに入るときはノックをするように言っていますので、子供達はおもしろがって?ノックをしてくれます。

一応LDKと言う場所柄、「冷暖房完備」です。
非常にこぢんまりしていて結構気に入っています。
しかし、雨の日は水槽台から水槽台へ物干し竿を渡し洗濯モノを干されるのでちょっと辛いところです。(笑)

この「お父さんの部屋」は既に満員御礼状態でして、今後水槽や虫を増やす事は非常に困難です。
とりあえず別室に菌糸瓶を置けるスペースは確保済みです。

別室ですが、虫用に自作恒温個とワインクーラーをおいてます。

室 温
エアコン ・機種:ナショナルCS-40PGH2
コメント

今回購入したエアコンには全くこだわりがありませんでした。っと言いますのも設置スペースが狭く(上下の幅が30センチしかありません)設置可能なエアコンがこれしか有りませんでした。
私的には今流行の自動清掃とか省エネとか色々とこだわりたい所があるのですが・・・。

水温の話ですが、金魚水槽は基本的に加温の必要がありません。(電気代節約には金魚飼育がいいのかも?)

しかし、熱帯魚のエンドラーズ・ライブベアラー水槽には本来加温が必要です。
しかし、ヒーターでの加温を行う予定はありません。

昨シーズンの冬の話ですが、ヒーターが壊れていて加温しているつもりが加温出来ていないことがありました。その時は2.3日で気が付いたのですが水温が19−20℃程度で魚の調子も悪くなく 餌も食べ、産仔もしていたのでシーズン中ヒーター無しで飼育致しました。
夜もエアコンを付けていたので19℃前後より下がる事が無かったのが幸いしたのだと思いますが今シーズンも この温度を目指し水槽内ヒーターによる加温は行わずに飼育をしようともくろんでいます。(水槽の位置も高いのでこれも関係が有ると思います)

節約と言うより電力不足によりブレーカーが落ちる事を恐れていますので、もし水温が低くなりヒーターを必要とするときはどうしましょう?
例えヒーターを入れたとしても設定温は20℃予定です。

2007年12月
暖かいです。
このマンション非常に暖かいです。バンザーイ!
今住んでいるマンションは川沿いで風がすごーく冷たくて、冬はかなり冷え込みそうな予感がしていたのですが・・・。
12月ですっかり外は寒くなりましたが、室温は24℃前後あります。よって未だに一度も暖房器具を作動させていません。(経済的)
部屋が4階で真ん中なので、保温が良いのが原因だと思っています。
もちろん、水槽にヒーターを入れる必要もありません。入れなくても24度をキープしています(繁殖良好)。下の段にある金魚水槽でも22−23℃をキープしています(餌食い良好)。
いつまで暖房無しでいけますかねぇ。ちにみにベランダのメダカ水槽は12−14℃です。

2008年 1月27日
寒波もモノともせず無暖房生活は続いています。
室温19〜23℃ぐらいで水温も20〜22℃とヒーター無しで熱帯魚が飼育出来る温度です。この調子なら冬の間中暖房を付けずに生活出来るかも知れません。さすがにベランダのメダカ水槽の水温は7℃程度に下がってます。

2008年 4月14日
無加温でいけました。どころか、冬の間一回も暖房を付けていません。めっちゃエコで大変嬉しいです。

飼育水
浄水器 ・マーフィードのスタンダード
コメント

水換えに使用する水はマーフィードのスタンダードを通した水を使用しています。

以前は水槽専用の蛇口があったのですが、今はもちろんありませんのでキッチンの一個しか無い蛇口に強引につなげて使用しています。
よって家族の飲み水はもちろん、食器を洗う水も全てがこの浄水器を通した水になります。
って事で購入以来初めてフィルターを2本とも交換致しました。

使用頻度が水槽の水換えだけではありませんからフィルターがすぐダメに成るのでは?と思われるかも知れませんが、私は一年間ぐらいは十分に交換せず使えると思っています。(使えなければ困ります)
以前、大型水槽を所有していた時にかなりの水量を通していたにもかかわらず、ほぼ3年間の使用で一度もフィルターの交換をしなかったにも関わらず、塩素が検出された事がありません。(地域の水質、使用状況など色々な要因があると思いますので皆さんは説明書通りの使用水量で交換して下さいね)

一応頻回に塩素のチェックはする予定ですので、たまに報告致します。
また、人間用に大丈夫か?とか味は・・・。って問題は我が家では二の次です。

一回フィルターを交換しましたが、交換をしたときも塩素は検出されませんでした、一応フィルターが黒くなったので替えました。
水に関しては特に問題はなさそうです。

水槽台 ・木製オリジナル
・サイズ:幅110*奥50*高180
コメント

ご贔屓ショップアクアテイラーズさんで作ってもらったオリジナルの水槽台です。
非常に丈夫ですし見た目も抜群に美しく気に入っています。

難点は特に無いのですが、分解出来ないのと重量がかなり思いので引っ越しの時には苦労しました。(手伝ってくれたみんなありがとう!)

2007年7月24日
ピーちゃん(ジャンガリアンハムスター)の仲間入りをきっかけにエレクターを設置しました。
これでもう少し何かしら飼育できますねぇ。ウッヘッヘー。

水 槽 設 備

90センチ水槽−福ダルマ飼育
90センチ水槽 ・水槽:ニッソーのガラス製
・サイズ:90*45*45
・水量:約160リットル
・濾過:上部(レイシー)
・エアレーション強
コメント

引っ越しを期に大型水槽は全て処分しましたので90センチの水槽が一番大きな水槽になりました。
我が家のメイン水槽と言っていいでしょう!

全面曲げガラスのスタンダードなガラス水槽です。ちょっとシリコンがもっちゃりしていますが特に不満はありません。
ガラス水槽はアクリルと違って傷が付きにくいですから掃除の時にも思い切ってゴシゴシ出来てお気楽な感じです。

濾過はレイシーの上部濾過(サイズ:90*20*20)です。
ポンプはカミハタのRio1100(最大流出量24L/min)を使用し汲み上げています。濾材はリング濾材を使用しています。

2007/6/22
この水槽には気が向けばエンドラ水槽でじゃんじゃん繁殖しているレッドラムズホーンを投入しているのですが、全く増えません!それどころが減る一方です。
小さいのは食べられているようなので大きめ(1センチ以上)を選んで入れる様にしているのですがダメダメです。よく殻だけになっているのを見かけます。(中身は食べられたのでしょうか?)
食欲旺盛な金魚に少量ずつ頻回に餌を与えているので餌の食べ残しが出る心配はありませんが、何となくラムズホーンが入っていないと不安なのです。(我が家では全ての水槽に入っています)ラムズホーンよりももっと殻が固くて強力な貝を入れた方が良いのでしょうか?
ちなみにゴールデンアップルスネールは卵が気持ち悪いのと人間が食べたら脳に寄生虫が侵入する!ので入れません。(怖)

2008/1/27
そういえばいつの間にか恐怖のゴールデンアップルスネール入れてますねぇ。今のところ脳に寄生虫は侵入していないと思います。妻には2匹ほど入っているかも知れませんが・・・。

2008/4/14
4/8に東錦(もどき)と福ダルマ1匹を幼稚園の池に放流しました。
それと和錦城【WAKINJOU】の吉岡様から和錦(和金)の和皇を3匹頂きました。
誠に有り難う御座いました。大切に飼育させて頂きます。

2009年3月9日
昨年の秋頃?にコケ取りにセイルフィンプレコを3尾迎えました。
5センチ程度の個体を連れて来たのですが、今では20センチ弱に成長しています。健康な金魚には悪さはしません。っが転覆している個体はたまに舐められています。要注意!!
その他大きなメンバーの移動は無く、チビダルマ水槽から大きく育った福ダルマが移動して来たり、転覆が治らなかった福ダルマが☆になったりしています。
新たなメンバーを迎えるスペースは無いのですが、春になり徐々に暖かくなってきたので、この水槽を仕切りで仕切って福ダルマの「仔引き」を計画中です。

<現在のメンバー>
・福ダルマ*5匹
・和錦(和皇)*2匹
・どじょう*数匹
・古代貝*少数匹
・セイルフィンプレコ*3匹

熱帯魚水槽(旧第三水槽)−原種エンドラーズ飼育
エンドラーズ・ライブベアラー 水槽:ガラス製
・サイズ:45*30*30
・水量:35リットル
濾過:外掛け式(OT-60)
・スポンジフィルター
コメント

2007年6月17日より飼育スタート
ホームセンター仕様の激安黒枠水槽です。もちろんシリコンもりもりもっちゃり水槽です。

テトラの外掛け式フィルターのOT-60とスポンジフィルターで濾過をしています。OT-60の水流がかなり強いので流量つまみで半分程度に絞って使用しています。それとフィルター部分は中の活性炭を取り除きセラミックソイルを入るだけ強引に詰め込み(入れすぎて破れましたので水切りネットで補修!)使用。

レイアウト?は残り物のセラミックソイルをひきミクロソラム付き流木とマツモ、ウォータースプライト、ウィローモスをぶち込んだだけの繁殖水槽です。

成魚が泳ぎにくいぐらい思い切った量のマツモと全面を多い尽くさんばかりの量のウォータースプライト入れるのがinabou流です。稚魚の避難場所、飛び出し防止、水質浄化作用と良いことずくめです。見た目が悪いのと餌を与える時にわざわざ水草をかき分けなければならないのが難点です。
稚魚が食べられてなかなか増えない方は是非おためし下さい。

2007年7月 2日
水槽をセットして2週間程度経ちました。その間に投入した処女♀6匹?がかなり大きく成長しました。
今まで過密飼育だった水槽からかなりゆとりのある飼育水槽に移った事で成長が加速したようです。なるべく小さな♀(処女でなければ困りますからねぇ)を選んだので繁殖までまだまだ時間がかかるだろうと思っていたのですがこの成長速度だと時間の問題かも知れません。
ちなみに種♂は胸元の黒い模様(エンドラーズ斑)が太く立派で背びれに色の入った個体と尾びれのピーコック斑がすんばらしく美しい個体の2匹を入れました。
どちらの♂にするか悩んだのですが、出来ることならどちらの特徴も取り入れたいと(かなり欲張り)思い2匹とも入れました。どのような個体が出現するか楽しみでしかたがありません。

2007年7月22日
レッドチェリーシュリンプの稚エビを少数入れる。ベランダのメダカ水槽用に少数購入した時に稚エビをおまけして貰ったので保険を掛けてこの水槽に入れました。
ようやくこの水槽でもエンドラーズの繁殖が始まりました。まだ稚魚は6匹と少ないですが今からじゃんじゃん増える事と思います。楽しみです。

2007年9月 3日
ジャガー・クーリーローチ クーリーローチを追加しました。クーリーローチは以前から大好きな魚なのですが、今回追加したジャガー・クーリーローチはかなり格好いいと思います。(今はちょっと珍しいし・・・。)
ところで、ジャガー・クーリーローチはインボイスでして、正式名称はパンギオ・シエルフォルディーと言うらしいです。
このジャガー模様どうですか?ヒョウ柄好きのお姉さんは是非飼育して下さい。(笑)
クーリーローチ そして、こちらはイレギュラーバンドのクーリーローチです。
たま〜にこんなヤツが混じります。ここまでのイレギュラーはちょいと珍しいのでは無いでしょうか?ストライプ・クーリーローチとか言って、ちょっと高値が付きそうな個体だと思うのですが売れ残ってました。(涙)
クーリーローチ 最後に成りましたが、コレが普通のクーリーローチです。
上の二つとは大分違うのが解って頂けたでしょうか。
この小さな水槽にクーリーローチだけで9匹います(全部生きて入ればの話ですが・・・。)が、姿を現すのはほんの数匹です。それも決まってジャガー・クーリーなのです。
基本的にクーリーローチは流木の下とかに隠れて姿を現さないの普通なのですが、ジャガー・クーリーだけは堂々と全面に出てきます。それどころが水面ギリギリの水草の上で休んでいたりします。こんなにしっかりと観察させてくれる クーリーローチは初めてです。たまたまですかねぇ〜。

2007年12月 4日
7/22に導入したレッドチェリーシュリンプは超順調に爆繁殖をはたしました。既に数えることが出来ないくらいに増えてます。大きい個体からチビまでウジャウジャ、ワシャワシャ状態です。(喜)
もちろん、主役のエンドラーズも爆繁殖をはたしています。そろそろ間引かないと狭く感じますねぇ。
ですが、順調なやつらばかりではありません。クーリー軍団が姿を消しています。多分ジャガーは2匹しか生存していないと思います。(泣)

2008年4月14日
エンドラーズ エンドラーズは無選別の影響で中途半端な個体が増えています。っが繁殖は順調です。
先ほど頑張って色柄云々の前に体型の崩れたモノをハネました。サボるのはだめですねぇ。
水槽内は相も変わらずマツモとウォータースプライトがごちゃごちゃとしています。



2008年6月16日
古代貝のせいで水槽内の緑は刻々と消えつつあります。
アヌビアス・プチナナを皮切りにミクロソラム、ウォータースプライトなど何でもかんでも食べまくりです。
私なりに、水草の食害を減らすために沈降性の人工飼料を大量に与えたりしましたが、稚貝の成長が良くなった程度で何の効果も有りませんでした。
ホントにビックリするぐらい水草を食べまくります。ちょっと驚異に思えてきました。(笑)

2008年7月8日
古代貝の食欲は以前からお伝えしている通りなのですが、もうそろそろ我慢の限界です。
どんな水草でも食べまくり何ですが、ウィローモスも食べているようです。今まで(約9年間)追加購入することなく増え続けているモスが無くなるかも知れません。 流木に絡みながらずーーと増えてきていたんですが、このところ流木の地肌が丸見えです。マジでやばいです!!
古代貝の飼育自体を見直す?撤収する時が来たかも?です。


2008年8月9日 本日より「熱帯魚水槽」とします。
メンテナンス性を重視して(レイアウト水槽の換水作業はしんどいんです:汗)、第一水槽、第二水槽の生体の全てをこの水槽に移しました。
現在はとりあえず突っ込んだだけでレイアウトはしていませんが、近々流木いっぱいのレイアウトをするつもりです。この水槽では引き続きエンドラーズを中心に熱帯魚の飼育を行います。
古代貝の悪影響でウィローモスをはじめ緑のほとんどが無くなり、エビが激減しましたので、エビもそれなりに増えて欲しいと願っています。

<現在のメンバー>
・エンドラーズ・ライブベアラー厳選個体数匹
・レドラムズホーン少数
・クーリーローチ*2匹
・ジャガー・クーリーローチ*1匹
・オトシンネグロ*2匹
・ブロキス(ショートボディ)*1匹
・コリドラス・ジュリー(ショートボディ)*1匹 ・コリドラス・ソダリス*1匹
・コリドラス・イルミネータス*1匹
・ビーシュリンプ(低グレード白黒)数匹
・古代貝少数匹

□終了 第一水槽ADA−原種エンドラーズ飼育
ADA45センチフラット水槽 ・水槽:ADAのガラス製(フラットタイプ)
サイズ:45*24*16
・水量:16リットル
・濾過:外掛けとスポンジ
・エアレーション有り
コメント

ADAのフラットタイプの水槽です。らんちゅう水槽の様に水槽の高さが低い形状をしています。
以前ビーシュリンプを飼っていたときに「高さが低いと選別しやすいかな?」っとおもって買ったのですが、タダの使いにくい(用途が難しい)水槽でした。

ADA45センチフラット水槽 写真でお解りのように外掛け濾過の吸水口に巨大なスポンジを付けていますので、かなり見苦しいですが濾過能力は強力です。(写真は4年前に設置したときのモノですからシステム以外のレイアウトは現在とは全く異なります)

この濾過システムのおかげで水量が少ない割には安定した飼育が可能となっています。
ついでと言っては何ですが外掛けの方も改造が施してあり、リング濾材が入っています。

この水槽も水草ゴチャゴチャ水槽です。そしてこの水槽の最大の欠点は魚がすぐに飛び出す事です。現在までにダイブして命を落とした魚は数知れずです。(汗)
一応、防御策として向かって左は板を置いて塀を作っています。効果は???です。

2007年11月30日
スポンジフィルター 換水中に(1/2の水を抜いた時に)外掛け式のろ過層から水が出ていない事に気づきました。
このろ過は5年近く使ってますので「とうとうポンプが壊れたか?」と思い確認すると な・なんと!吸水側に付けている巨大スポンジがぺったんこに成っているではありませんか!(一枚目の写真。水中ではもっとぺったんこになってました)
これは、いけません!水道水(塩素無し)でジャブジャブ洗いました。このスポンジは半年に一回程度しか洗いませんから、洗う時はバクテリアの事は気にせずに思いっきり綺麗になるまで洗ってます。

スポンジフィルター 綺麗に洗い終わったのが二枚目の写真です。解りにくいですねぇ。半年分の汚れは凄いことになってました。
綺麗に成ったスポンジを取り付けて電源を入れると、今までのウップンを晴らすかの如く、物凄い勢いで水が流れてきました。
それと同時に「こんな水流は久しぶりで耐えられまへんわぁ〜!」とろ過層内のゴミやら油やら色んなモノも一緒にあふれ出てきました。(笑)

このろ過の水流がいつから止まっていたのかは解りませんが、水が白濁することも無く、ピッカピカの水でした。
中に何がいるのか解らないぐらい詰め込まれている、水草(マツモとモスとウォータースプライト)が水を浄化してくれていたのだと思います。レッドラムズホーンも頑張ってくれていたのかも?一応、みんなを褒めておきましょう!
また、このスポンジを洗う時に数ヶ月前に入れたコリドラス・ソダリスを発見しました。ハッキリ言ってその存在を忘れていました。スマン!
今度は、濾過が止まる前に洗うからね!多分?

2007年12月11日
ビーシュリンプ 写真の個体(写真の個体は第三水槽の個体ですが全く同じ累代モノです)は熱帯魚飼育を始めた当初から勝手に累代が進んでいる、我が家自慢?の超低グレードビーシュリンプ(黒白)です。
もちろん、購入時はもっと白バンドが入り(当時としては)それなりのビーシュリンプでした。ビーシュリンプに夢中だった時には厳選な?選別も繰り返し、それなりのグレードが維持させてました。だがしかし、 情熱が他の種類に移り単なる苔取りとしてミナミヌマエビの様な扱いを受け出した頃よりグレードは下がり続け、数も激減したように思います。(注目していなかったため定かではありません!)
しかし、今となっては当時から他の血が混じらず存在し続けているビーシュリンプはほとんど存在していない?でしょうから、(私の中だけで)価値が出てきました??
って事でこのまま他の血を混ぜずに累代を続ける予定です。
とは言うモノの、この水槽にはエンドラーズ軍団が餌を求めてそこら中を突き倒していますから、かなり過酷な状況なのは否めません。

2008年 1月27日
ウォータースプライト 最近めっきり寒いですが、我が家の水槽は無加温(ヒーター無し)で20〜22℃を保っています。(節電、省エネ、節約良いこと尽くめです)
とはいえ、20℃の水温はそれなりに冷たいです。ってことで、換水とマツモ間引き(金魚の餌にするため)以外のメンテナンスを一切しないで放置していたらウォータースプライトが水上葉状態で こんな姿になってしまいました。(汗)
プチテラリウム状態です。っが全く見栄えは良くありませんねぇ。なんか草ボーボーのグランドみたいでしょ!
妻にも「外の水槽みたい!」と冷たく言われました。
でも見ようによっては「躍動感のある水槽」に見えませんか?見えませんよね。そのうち上の葉っぱだけでも、むしり取ろうかな?

<現在のメンバー>
・エンドラーズ・ライブベアラー原種数匹
・レッドラムズホーン多数匹
・ビーシュリンプ少々(6年前から他の血が入っていない低グレードモノ)
・コリドラス・ソダリス*1匹
・スラウェシ産シュリンプ*?匹
・古代貝多数匹

2008年 8月 9日
水槽内の生体の全てを旧第三水槽に移動して、この水槽を撤収しました。

□終了 第二水槽ADA−原種エンドラーズ飼育
ADA45センチ水槽 水槽:ADAのガラス製
・サイズ:45*24*30
・水量:30リットル
・濾過:スポンジ(テトラ ダブルブリラント)
・エアレーション無し
コメント

私は小型の水槽には殆どこだわりが無く安物でOKな人なのでブランド品のADA水槽にはあまり興味が無いのですが、ご贔屓ショップのアクアテイラーズさんで傷物と言うことで1000円で売っていたので購入しました。

傷物と言っても前面に1センチ程度の傷が付いているだけです。
その傷も殆ど気にならない程度です。おまけに私の様に縦置きの場合全く見えません!ハッキリ言ってどこに傷が有るのかすら解りません。
すごーくお得な買い物をした気分です。

この水槽も上記の水槽と同じで繁殖目的ですから水草ゴチャゴチャ水槽です。写真の様にウォータースプライト、マツモ、モスでいっぱいです。
低床はガーネットサンドを使用しています。

2007年7月2日
ビーシュリンプの稚エビが全く増えません。今までに1匹だけ確認しましたがその子も今は確認出来ません。ハッキリ言ってかなりショックです。
ビーシュリンプは以前イヤって程増やしていましたから、簡単に増やせるはずでした。一月もすれば稚エビワシャワシャ水槽に成っている予定でした。いったい何がいけないのでしょうか?
ウジャウジャ泳いでいるエンドラーズに全て食べられているのでしょうか?(まさかこんなところでつまずくとは・・・。)っちゅう事で5匹追加しました。(負けを認めた事になるでしょうか?)

ところで、エンドラーズは順調に増えています。っが選別を迷っています。この第二水槽ではエンドラーズ斑(胸元の黒いバンド)が入らない個体を目指して繁殖をする予定なのですが、その前に背びれに色が入る個体を増やしたいのです。
今までに第一水槽で発生した2.3匹の背びれチャン(背びれに色の入る個体)をこの水槽に放り込んでいるので、そろそろその個体のF1が産まれていると思います。しかし絶対数が少ない背びれチャンの子供がF1でいきなり背びれチャンで産まれてくるとは思えません。 F1*F1のF2当たりで出現してきそうではありませんか!じゃあ背びれチャンじゃ無い子と色は無いけど背びれチャン遺伝子持ってるチャンをどこで見分けるのでしょうか???また、出来ることなら持ってるチャンと持ってるチャンでブリードしたいですよねぇ。でも今の飼育方法では持って無いチャンと持ってるチャンが掛かる可能性の方が断然高いんです。 って私以外どうでも良い話しですよね。
「何チャンでもええけどがんばりや〜!」って声が聞こえてきそうなのでこの辺で・・・。

2007年7月24日
エンドラーズ斑が入らない個体を増やす予定の水槽で、エンドラーズ斑が見事な個体が増えつつあります。近いうちに選別をしっかりしないと大変な事になりそうですねぇ。
時間が取れれば取りかかりましょう。オー!でも今の状態では雄が0になる可能性もあります。(涙)

2007年8月19日
第一水槽でかなり綺麗な個体(エンドラーズ斑が少なく、オレンジの面積が多い)が産まれたのを発見したので、選別をかねて半リセットを行いました。
この水槽の処女♀を10匹程度残し(他の魚は移動)第一水槽から男前の♂を入れました。全ての♀と関係して美しい子供がじゃんじゃん出てくるはずです。期待大!!

2007年12月 4日
ビーシュリンプ(シマシマタイプ:我が家では一番の高グレードです)ですが、数匹しか増えてません!(泣)
何故でしょう?大型魚に夢中だった私も以前はビーシュリンプもやっておりその時は順調にウジャウジャ増やした 経験があり、ハッキリ言って自信がありました。5匹も購入すれば数ヶ月後には爆繁殖しているだろうとなめてました。(7月2日と同じ切り口ですねぇ。)
ところが、結果は散々です。あまりに増えないので先日も10匹購入してしまいました。
エンドラ軍団が多少は(稚エビを)食べているとは思いますが、それにしても増えなさすぎです!ちょっとムキになってきましたので、エンドラーズの数を減らしてビーシュリンプ爆繁殖プロジェクトを実行するか検討中です。

2007年12月10日
善は急げということで、「エンドラーズちょとどいてね」作戦決行いたしました。
元々数が少なかったので、成魚10匹弱に退いて頂きました。(掬うのが超下手くそなので稚魚10匹強を捕まえる事が出来ません)
これで、捕食者がいなくなったので数百匹に増えるはず?です。

ここまで、速攻でエンドラーズに退いて頂いたのにはそれなりに訳があります。
先日第一水槽のマツモを金魚の餌にするために少々取り除きました。 マツモが無くなり開けたスペースが出来き、観察しやすくなったのでゆっくり見ていたのですが、その時に♀エンドラが猛烈な勢いでミクロソラムについているレッドラムズホーンの卵を突き倒し根こそぎ食べている姿を見てしまいました。
私の中の「優雅な小型美魚エンドラーズ」と言うイメージが音を立てて崩れて行きました。
色んな所を突いてそれなりに食べているだろう!とは思ってましたがあの食べっぷりは半端じゃなかったんです。肉食魚の如しで鮫の形相でした。(恐)
その時に私は確信しました。♀エンドラはビーシュリンプの稚魚を1匹残らず完食していると!
エンドラーズを侮るべからず!!

2008年4月14日
ビーシュリンプはエンドラーズに引っ越しして頂いてから、ゆっくり(無加温なので抱卵個体が少ない)ですが着実に増えてきました。
最近は水温も25℃前後ありますので、爆繁殖してくれると期待しています。それとビーシュリンプの白変個体を2匹入れました。

古代貝は卵塊のみ着実に増えています。現在数百個の卵が水草等に産み付けられています。しかし、稚貝の姿が見えません??

2008年6月16日
ビーシュリンプが激減しています。月初めには稚エビもちらほら見えていたのですが、現在は成体でも数匹しか確認出来ません。
その代わりと言っては何ですが、古代貝が数十匹うごめいています。水槽内から緑が消える日も近いかも?

<現在のメンバー>
・レドラムズホーン少数
・コリドラス・イルミネータス*1匹
・ビーシュリンプ(シマシマタイプ)*3匹
・古代貝多数

2008年 8月 9日
水槽内の生体の全てを旧第三水槽に移動して、この水槽を撤収しました。