穂竜を愉しむ!

当ウェブサイトは、「穂竜」のファンサイトで、穂竜(ほりゅう)の飼育記録がメインです。
穂竜はどちらかというとマイナー種の錦魚なので、ご存じ無い方もおられるかも知れません。当WSで穂竜を知られた方が、「穂竜って良いなぁ〜!飼育したiい!」なんて思って頂ければ幸いです。





累計 番目の訪問者様です(^_-)-☆

昨日の訪問者数人様
本日の訪問者数人様

★2017年 1月20日 日誌を更新。
★2017年 1月17日 日誌を更新。
★2017年 1月16日 日誌を更新。
★2017年 1月13日 日誌を更新。
★2017年 1月12日 日誌を更新。
★2017年 1月11日 日誌を更新。

当WSは穂竜ネタがメインですから、穂竜愛好会についての問い合わせを良く頂きます。そこで、簡単ですが穂竜愛好会について紹介させて頂きます。
穂竜の作出者である榊会長が運営されている、穂竜愛好会(榊会長のWS)を見て頂ければ大抵のことは解かっていただけると思いますが、私が勝手に「穂竜愛好会入会の手引き」なるものを作りましたので、愛好会に入ろうかな?でもちょっと怖いかな?って方に読んで頂けると、背中を押す内容になっております(*^^)v

入会金、年会費については、会則の中に書いて有りますが、入会金1000円、
年会費2000円
です。

入会希望の方は穂竜愛好会掲示板にて、穂竜父(榊会長)さん宛に入会希望のメールを出して下さい。

私は2009年に入会し、以降「穂竜」の魅力にすっかり魅了されてしまい、育成、品評大会への参加など「穂竜」中心の生活になっています。
穂竜愛好会は、会員間の交流も活発でアットホームな雰囲気です。金魚初心者の方も、すでにドップリの方も両者に楽しんで頂けると思います。是非皆さんも一緒に品評大会などで楽しく穂竜しましょう。(^_^)
入会お待ちしております。

愛好会より年会費徴収のお知らせを個別にメール等で促すことは致しません。
なるべく早期の入金をお願いいたします。

◇ ネタが尽きました! ◇
2017年 1月20日(金曜日)


 タイトル通りですが、すっかり穂竜ネタが尽きましたので、ちょっとVAPEで繋ぎます。来週に成ればちょっとだけネタが有る予定です。
 VAPEを吸うためにはリキッドが必要なのですが、このリキッドが30mlで3000円前後して高いんです。確かに色んな味が有っておいしいらしいのです。私もサンプルを含め十種類程度試してみましたが、??? そんなWSのレビューで書かれているような深い味わい有る?えっ?味する???ってな感じで、全く複雑な味は分かりません。
 薄々感じていましたが、私の鼻は長年の鼻炎の影響で匂いにとても鈍く成ってしまっているようです。よって、高価なリキッドは必要ないという結論です。はっきり言ってメンソール以外はあまり必要と思えない状態です(*_*; メンソールはいつも詰まっている鼻がすーっと通りとても気分爽快です。

 よって、ベースリキッドというものを購入して自作することにしました。ベースリキッドが250mlで1000円ぐらいでメンソールが60mlで1000円ぐらいですから、とってもお安くできるのですが、それだけでは流石に寂しい!あまり匂いを感じなくても入れてみたい。たくさん入れれば私の鼻でも匂うかも?っとマンゴーなどを入れて作りました。リキッドには拘ることができないので、ラベルだけ拘って作ってみました(*^^)v 家族からは「暇なん?」と冷たい視線を頂いております。多めに入れたマンゴーは、少しだけ感じることが出来ました( ゚Д゚)

◇ 変わり竜 順調に育つ ◇
2017年 1月17日(火曜日)


 年始に、計画通り変わり竜の採卵を行われた続きです。<写真提供:立地K氏>
 変わり竜の稚魚は、写真でもわかるようにブラインをガンガン食って、順調に育っているようです。ブラインシュリンプをたくさん食べている事は、稚魚のお腹を見れば一目瞭然ですねぇ。
 まだ本気の選別はされていないようですが、泳がない稚魚、歪んだ稚魚などはハネられているのだろうと思います。こういった稚魚は底面でピコピコしていることが多いので、換水の時に底面の汚れと一緒に吸い出してしまいますからねぇ。
 稚魚を得ても、めちゃ数が少なかった頃は、排水する水を一度バケツに溜めて稚魚を救出していましたが、一度に数千の数をコンスタントに得られるようになると、ダメな個体は早期に淘汰して行かないと、残した仔に悪影響が出て全体の出来が悪くなりますから、色々と考え方はあろうかと思いますが、数が多い時は早期選別で淘汰することが大事だと思います。

 私の更新が遅いと言いますか、(ネタが無いもので)小出しにしていますので、実際の稚魚の成長スピードとWSでの発表具合が違っています。全滅していなければ今頃は、大きく育ちさらにお腹パンパンだと思います。全滅していなければそろそろ一回目の選別をして、泳げる歪み個体や、スボ尾の個体をハネなければダメでしょうねぇ。
 全滅していなければまた経過報告の写真が届くと思われますので、楽しみにお待ちください(*^^)v

◇ 寒波襲来 ◇
2017年 1月16日(月曜日)


 今週末は大阪にもそれなりの寒波が来ました。めったに雪が積もることが無い大阪市内ですが、15日の朝は写真の様に雪が積もっていました。家族はみんな「雪やー雪やー!」っと大騒ぎでしたが、雪国育ちの私からしたら、この程度の景色は霜が降りている程度!なんてことはありません。っが、ネタには良いですねぇ(^_-)-☆って事で嬉しそうに珍しくもない雪や氷を撮影してみました。


 雪には全く興味が無い私ですが、ベランダの穂竜に絡めて考えると大問題です!案の定サーモスタットが反応してヒータースイッチONですねぇ(*_*; まぁ、こういった事を想定して設置しているので、ご苦労さん!って感じでは有るのですが、程ほどにお願いしたいものです。
 幸い、午後からは晴れましたので気温もそれなりに上がりました。よってヒーターの点灯を見たのはこの時だけです。多分夜や朝方は点灯していたとは思いますが、見てないのでOK(*^^)v 気にしてるのか、気にしてないのか?めちゃアバウトな私です。

 立地K氏より、ブライン食って順調に成長している稚魚の写真が届いているのですが、ネタ無の時期ですから大事に使います。稚魚の様子は明日以降にアップしますので、暫くお待ち下さいね。

◇ ベランダ穂竜 越冬中 ◇
2017年 1月13日(金曜日)


 いやぁ〜13日の金曜日寒いですねぇ。 っと中学生みたいなこと、ゆーてます(*_*;
明日はさらに寒く成るようですねぇ。今週はそれなりに寒かったのでめちゃ控えめな餌しか与えていませんので、プチ換水はお休み。明日は一日家でぬくぬくぼんやりしながらVAPE弄っていたい心境です。

 年末にハードディスクがぶっ飛んだ話をしたと思うのですが、その後データは取り敢えず復旧しましたので、確認の為に写真を見ていると今使えそうな写真が出てきました。ベランダに90センチ水槽を設置した時に、断熱に発泡スチロールやスタイロフォームを貼った写真が出てきました。こうやって改めて見ると、結構しっかりと分厚く貼っています。
 思いのほか断熱効果が有るようで、外気温が7.8度の時でも11.12度有ります。年末からヒーターの設定は6度にしていますので、ヒーター要らずだと思います。っが、「この12度ある水温ほんまか?」と思う事もしばしばです(*_*; でもこのデジタル水温計は購入して間もない(ネットで他の飼育グッズを購入した時に送料無料にしたくて抱き合わせました)ので、潰れている可能性は低いです。他の水温計を持ってきて確かめることをしないのがinabou流。アナログの水温計はすぐ上の60センチに設置してるんですけどねぇ。まぁ、水温が8度でも11度でも私の対応が変わる訳でも有りませんので、ここは慌てず触らず、放置プレーが得策です。

 最後の写真は90センチ規格水槽の様子です。写真の通りサラ水です。何度も書いていますが、今年は上部ろ過も(スポンジフィルターは例年稼働させています)稼働させたままなので、青水にはならないようです。ここには明け弐歳魚が十匹?入っているのですが、小さめの一匹がひっくり返っています。裏から見て「あぁ〜あいつか!」って分かるほど思い入れのある個体ではないので、どんなヤツかわかりません。この転覆個体が復活するとは思いませんが、床直し後に確認して使いたくなる個体で、かつ使えるなら使うかも?との思いから、流さずにこれまた得意の放置プレーです。

◇ 穂竜 越冬中 ◇
2017年 1月12日(木曜日)


 写真は、穂竜越冬中のベランダ水槽を週末に換水した時の様子です。
写真の青水は、換水前の60センチ水槽のモノです。ここには明け弐歳穂竜四匹が入っていて、スポンジフィルターとエアーがちょろっと出ています。今年はなかなか青水に成らなかったのですが、現在は写真の様にうっすらと青水です。この後に1/2換水しましたのでさらに薄くなっていると思います。
 今年は暖かい日が多く水温も10度前後あります。よって、エサも一日おきぐらいで与えていますので、換水も毎週行っています。例年の越冬とは少し雰囲気が違うように感じています。


 色々とおいしい穂竜ネタが有りましたので、ネタ出しが遅れましたが、年末にワイヤーを買って来てVAPE(電子タバコ)弄りしました(*^^)v
私が遊んでいるVAPEは、ニコチンフリーのフレーバーリキッドを熱して水蒸気にして吸う!まぁ大人のおもちゃです。(ニコチンも含まれていませんので、法的な年齢の規制は無いようですが、一応18歳とか20歳以上の方対象と販売側が自主規制をかけています)
 っで、このミストを発生される部分をアトマイザーと言うのですが、中はワイヤーとコットンが入っています。このワイヤーを熱してコットンに含まれたリキッドをミストにする仕組みです。このワイヤー部分を色々と弄ることで、抵抗、ミストの量、味などを変化させることが出来、私としてはめちゃ楽しい部分です。っとオナニーねたでした(*_*;

◇ 変わり竜 孵化&ブライン開始 ◇
2017年 1月11日(水曜日)


 年始に、計画通り変わり竜の採卵を行われた続きです。<写真提供:立地K氏>
 予定通り(^_-)-☆、ブライン開始のメールを頂きました。
写真で稚魚を見る限りでは、立ち上がりも良さそうですねぇ(#^^#)。って事で昨日も書いていますがブライン追加は決まったも同然ですねぇ(^_-)-☆
 特に理由は無いのですが、人がいっぱいブラインを使っているのを見るのが好きです。今年○缶使ったぁ〜!とか、○ダース使った。っと聞くと何でしょうねぇ。金魚バカ発見的な気持ちに成って嬉しいです。今年の私のブライン消費予定量は四缶ですから、周りのみんなにはそれ以上使って欲しいです。「周りのみんなよりマシ!」っと思いたい私です。

◇ 変わり竜 孵化&産卵 ◇
2017年 1月10日(火曜日)


 年始に、計画通り変わり竜の採卵を行った続きです。<写真提供:立地K氏>
 週末に孵化が始まったと連絡を頂きました。何となく曲がった稚魚も多いかな?との事ですがどうでしょうか? 連絡を頂いたのは孵化して直ぐなので、立ち上がり云々はわかりません。
それにしても凄い数ですねぇ。数が少なかったので二腹分を混ぜられたようなので、少ないとはいえ五千はいるでしょうねぇ(*_*;
 これだけ数が多いと、60センチ規格水槽で飼育するには多すぎますので、最初の一週間で選別して数を減らさないと大きく育ちません。これは、換水時に底面に横たわっている稚魚は問答無用でごみと一緒に流してしまうパターンかなと思っています。
 そして、週末にさらに変わり竜の産卵があったようです。
この分はどうされたのか聞いていませんが、既に六腹分採られていますので、流されたと思います。いやもう流しましょう。
 そろそろブライン始めました! の報告が有りそうです。

 立地K氏は、今年ブラインを五缶買われたように思うのですが、絶対に足りませんねぇ(*_*; 変わり竜がこのまま順調に育てば、少な目に与えたとして四缶は無くなりますしねぇ。頑張って下さいね(*^^*)

 今朝、立地K氏が「とうとう猫にやられました(=^・^=)」っと笑顔で語っておられる夢を見ました。
 大丈夫でしょうか?

2006年1月1日 戌年開設。  2015年7月 タイトルを外虫魚図から変更。
※当ウェブサイトは穂竜愛好会公式サイトではありません!非公式の 「ファンサイト」 です。