穂竜を愉しむ!

当ウェブサイトは、「穂竜」のファンサイトで、穂竜(ほりゅう)の飼育記録がメインです。
穂竜はどちらかというとマイナー種の錦魚なので、ご存じ無い方もおられるかも知れません。当WSで穂竜を知られた方が、「穂竜って良いなぁ〜!飼育したい!」なんて思って頂ければ幸いです。

累計 番目の訪問者様です(^_-)-☆

昨日の訪問者数人様
本日の訪問者数人様

★2021年10月17日 日誌を更新。
★2021年 9月18日 日誌を更新。
★2021年 8月22日 日誌を更新。
★2021年 8月 7日 日誌を更新。
★2021年 7月31日 日誌を更新。
★2021年 7月17日 日誌を更新。



★★★2021年穂竜愛好会 行事予定★★★

◆ 弐歳会 中止

◆ 研究会 中止

◆ 全国品評大会 10月16日(土曜日)

※ COVID19 の状況次第で予定は変更に成ります。
 詳細は穂竜愛好会WSで確認して下さい。

当WSは穂竜ネタがメインですから、穂竜愛好会についての問い合わせを良く頂きます。そこで、簡単ですが穂竜愛好会について紹介させて頂きます。
穂竜の作出者である榊名誉会長が運営されている、穂竜愛好会を見て頂ければ大抵のことは解かっていただけると思いますが、私が勝手に「穂竜愛好会入会の手引き」なるものを作りましたので、愛好会に入ろうかな?でもちょっと怖いかな?って方に読んで頂けると、背中を押す内容になっております(*^^)v

入会金、年会費については、会則「第一章 総則」の中に書いて有りますが、入会金1000円、
年会費2000円
です。

入会希望の方は穂竜愛好会事務局宛に入会希望のメールを出して下さい。穂竜愛好会事務局のメールアドレス(horyuaikoukai●gmail.com)に、御名前、御住所、御連絡先をお知らせください。●を半角アットマークに変更ください。(返事は2,3日かかることもあります。)

私は2009年に入会し、以降「穂竜」の魅力にすっかり魅了されてしまい、育成、品評大会への参加など「穂竜」中心の生活になっています。
穂竜愛好会は、会員間の交流も活発でアットホームな雰囲気です。金魚初心者の方も、すでにドップリの方も両者に楽しんで頂けると思います。是非皆さんも一緒に品評大会などで楽しく穂竜しましょう。(^_^)
入会お待ちしております。

愛好会より年会費徴収のお知らせを個別に郵便物・メール等で促すことは致しません。
なるべく早期の入金をお願いいたします。


★お支払方法は、銀行振込です。口座番号が分からない会員様は、愛好会事務局のS女子さんへ問い合わせてください。

▲▲▲会費を納めて頂きました会員様への会報の発送作業は、毎月15日、月末に行っております。▲▲▲

◇ 不参加です。 ◇
2021年10月17日(日曜日)

 穂竜愛好会の品評大会は10月16日に開催されましたが、私は不参加です。
品評大会の様子は、こちらと、こちらで見られると思います。

◇ 転覆したりとか! ◇
2021年 9月18日(土曜日)

 穂竜愛好会の品評大会は10月16日に開催されるようです。詳細はこちらを確認して下さい。


 雨がやんだと思ったら台風が来たりして、穂竜にろくに餌を与えることが出来ていません。
 ってことで、当歳魚は例年の半分位のサイズです(;^ω^) まっ!雨が無くても小さいですけどねぇ。

 ほんでもって、低いテンションをさらに下げるように弐歳魚が転覆してしまいました。
 夏の暖かい時からちと危ないなぁ〜。っと思っていたのですが、案の定って事です。
 結構お気に入りの個体だったのでショックは大きいです(T_T)/~~~


 トカゲの方はめちゃ順調で、良い感じに育っています。
 ただ一つ困っているのは、喰われずに生きながらえている餌コオロギが夜な夜なケージ内で鳴く事です(;^ω^)
 これが結構大きな音なので耳について最悪です。(田舎育ちなので)幼少の頃を思い出す!っと言えばそれまでなのですが、それだけでは許すことが出来ない騒音です。

◇ 雨ばっかり(T_T) ◇
2021年 8月22日(日曜日)


 我が家のダメ当歳穂竜約140日です。
 最近は雨ばっかりで餌すらまともにあげられない日が続いていますねぇ。
 我が家は、当歳は多少の雨なら気にせずにタイマーで餌を落としますが、弐歳魚以上は雨の日は餌を切っています。っが、今回はずっと雨!それも結構激しかったりして水温もめちゃ下がっています。
 よって、タイマーを外して朝だけ少し与えるスタイルで飼育しています。
 弐歳、三歳も朝に少しだけ与えている程度なので、水が汚れている気がしません。とは言え、週に一回はほぼ100%換水を行っています。(例年なら週2で行っています)


 新たなトカゲを迎えました。
 シャベルカワリアガマと言って、尾にめちゃ特徴のあるアガマです。
 この種は大きく成っても10センチちょっとにしかならないので小スペースで飼育出来て、我が家に向いている種類です。
 そして、繁殖も狙えます(^_-)-☆ ってな訳でペアーで迎えました。
 ショップで一目ぼれして連れ帰ってしまったので、現在は仮住まいですが、近いうちに新居が完成しますのでそちらに移します。動きはあまりありませんが、めちゃ見ていられる愛嬌たっぷり過ぎるトカゲです。

◇ 白化って! ◇
2021年 8月 7日(土曜日)


 我が家のダメ当歳穂竜も、気づけば130日が経過しています。
 ってな訳でそれなりに大きく育っています。ボディーも丸みが出て、目も竜眼になって、穂竜の特徴が出ています。
 本来なら「上見」で見て頂くのが良いのですが、何度も書いていますように今年はダメダメ当歳ですから、上見に耐えるだけの尾をしておりません(;^ω^) まぁ〜せめて色だけでも明るくて金色の多い個体を残そうと、そこだけに注目して選別してきましたが、それもままならん感じです。
 水温の上昇と共に、数匹が白化してしまいました。
 酷いのは捨てましたが、微妙な個体は残しています。っが、近々捨てざるを得ないでしょうねぇ。

◇ 当歳魚(;^ω^) ◇
2021年 7月31日(土曜日)


 今年の穂竜はダメダメなのでWSに乗せるのは恥ずかしいのですが、全く更新しないってのもダメだと思いましたので、たま〜〜に出します(;^ω^)
 現在、二腹分の当歳魚が居ます。明け弐歳(ペアー)から採った仔と、明け参歳メス(オスは明け弐歳)から採った仔です。本日までは腹毎に分けて飼育していましたが、今朝の換水の時にサイズで分けました。大きい方を10匹、小さい方を13匹にしました。どの個体も尾がクソなので「金色の多い個体!」って事だけで残しました。
 例年は、尾を中心に色など全体のバランスを見て選別していますが、今年は「色のみ」なので、話が早い(;^ω^) っと思っていたら目の出の悪い個体が居ったりしたので、そんな個体を含めて10匹程度流しました。

 色のみ!って感じで選別したことは無かったのですが、気持ちが割り切れたら楽ですねぇ。
 勿論、今年もしっかりと飼い込んでっと思っていたのですが、気持ちが乗らなかった影響で全体的にダメ穂竜ばかりが育ってしまったので、苦肉の策で「色のみ」での選別をしました。当然、最初の頃は心のモヤモヤがありましたが、ダメなものは仕方がないので割り切ってしまった結果「色のみ」って事にしました。もうすっかり気持ちが割り切れていますので、楽で良い(^_-)-☆ 「金の多い個体を残したろっ!」ってな気持ちしかありませんから、拡大鏡をけかる必要もありませんし、換水時にアッと言う間に選別して終りです。
 当然、ダメダメな個体しか居ませんが、自分の招いた結果がなので仕方がありませんしねぇ。

 来年明け弐歳で仔引きをするなら今年のこのダメダメ個体から引くことになるの、穂竜として最低限の資質のある個体を残さないといけませんしねぇ。
 色に関しては問題ないので、金の多い個体から仔引きが出来ると思います。

 明け弐歳、参歳、四歳が少ないながらも居ますから、基本的にはこちらでの仔引きを考えていますが、どうなりますかねぇ?


 今年、一番気合が入っているのは、フォルメンテーラカベカナヘビです。
 写真の個体はオス個体なのですが、この青さたまらんですねぇ。写真の様なジオラマ的レイアウトをしたケージで愉しんでいます。
 このカベカナヘビで後数種類欲しい個体が居るんですが、売って無い個体、高額過ぎて買えない個体が居ます。いつか帰る日を夢見て今居る個体で飼育技術を磨いている最中です。

 その他は、熱帯魚にも力が入れていまして、めちゃんこ綺麗なシクリッドを迎えています。そのうち写真をアップしたいのですが、なかなか上手く撮れません(;^ω^)

2006年1月1日 戌年開設。  2015年7月 タイトルを外虫魚図から変更。
※当ウェブサイトは穂竜愛好会公式サイトではありません!非公式の 「ファンサイト」 です。